Crystal Tellerとは、石のストーリーテラー(物語を語る人)」のこと.Tianスタッフが石を語る!新着の石、注目の石、その他石にまつわる様々なストーリーをお届けします♪


by bon--voyage
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ピンクの虹

今週末は、名古屋の展示会に出展のため26日~29日まで

お休みとなります。

e0139012_1857844.jpg


店頭には、ピンク色のラブラドレッセンスが入る、マダガスカル産の

ラブラドライトが並びました。




ほとんどのラブラドライトは、ブルー、ゴールドのラブラドレッセンスのもの。

ピンク~パープルのは相対的に少ない。

そのピンク・ラブラドライトばかりを集めてみました。
e0139012_192530.jpg





ダークな地の色をバックに、ピンク色の光を見つけた時の「わぁ~、きれい~~~」

と言う小さな喜びが好きです。

手探りの状態で、どちらに進めばよいのか良くわからない。

どこに向っているのか、果たしてこの方向で良いのか、わからなくなる心のエアー

ポケットに入った時。




そんな時に、一瞬キラッと見え隠れするラブラドライトのピンク色は、今はまだ現実化

していないけれど、このまま進めば夢が叶うということを教えてくれてるような気が

します。
e0139012_19105660.jpg

e0139012_19111826.jpg

ピンク・ラブラドライトは、全て2,500円↑
[PR]
by bon--voyage | 2011-08-21 19:12
e0139012_2142752.jpg

e0139012_2155472.jpg

e0139012_21553428.jpg

TC-30,c 5.4 x 3.9 x 2.7 cm, 5,000円 チャネリング・クリスタル ↑




夢の中であれば、意味が繋がらなくても大丈夫

不思議な物語、登場人物

起承転結なんて、あったっけ?



決まりごとなんて、現実の世界にはいっぱいあるけれど

ここには、あなたが創造するルールがあるだけ

一つルールがあるとしたら、『 幸せになる 』ってこと


e0139012_2221327.jpg

e0139012_223644.jpg
e0139012_224551.jpg

TC-30,d 5.4 x 3.5 x 2.8 cm, 5,300円 ダウ クリスタル ↑



目を細めてみたら、ただの白い雲だと思っていたのに

太陽の光を受けて、キラキラと金色に輝く無数の光の妖精たちが

踊っているのを見つけることができるよ



そう教えてくれたのは、夢の中で出会ったあの人・・・・・

あれは、ソウルメイト?

それとも未来の自分?

ここには、時間も空間もないんだね


e0139012_22154291.jpg
e0139012_22175067.jpg

e0139012_22181330.jpg

TC-30, b 5.9 x 2.7 x 2.6 cm, 5,000円、 チャネリング・クォーツ ↑



空想好きな、小さな女の子に戻ってみる時間

戻り方を忘れてしまった大人になっちゃったなら、眠りに就く時の枕元に

エンジェリック・ドリーム・クォーツを




曖昧でいい、決めなくても大丈夫、頑張る必要もなし

そんなフワフワな時間と空間も、たまには大事でしょ?

indulging ( 自分を甘やかす ) Timeを運ぶクォーツ

Angelic Dream Quartz
[PR]
by bon--voyage | 2011-08-15 22:31

美女と野獣くらいの差?

Tianで個展を開かせていただいたことのある、ワイヤージュエリー作家の

渡辺 美香さんがTianに打ち合わせにいらっしゃいました。

最近では、ワイヤージュエリーよりも、ワンド作りに力を入れていて、新作の

ワンドを引っさげて(笑)のご来店でした~024.gif
e0139012_17125327.jpg

ブルーのワンド。レースや、ピーコックの羽が付いていて、魔女っぽい!↑
e0139012_17135980.jpg

トップには、レムリアンシード・クリスタル。↑
e0139012_17444351.jpg

もう一方のトップは、ラブラドライト↑




美香さんのお約束の時間の15分前に、呼び鈴が鳴り

『 あっ、美香さん早めの到着をされたのかな? 』

と思って出てみたら・・・・。



体調を壊されていたので3年ぶりにいらした、これまた作家のベアーさん(♂)!

『 東急ハンズまで来たので、そういえばTianさん近くだったな~ 』

と辿り着いていただけたとか。



この方は、それは、それは 『 カッコイイ 』 ネイティヴ・アメリカン風のシルバージュエリー

を作る方。



『 ネイティヴ・アメリカン 』と聞いて、『 あ~ 』って想像するシルバージュエリーとは一味も

二味も違う、100%オリジナル・デザインの凄いヤツを作る方なんです。




来店時にされていた新作のペンダントは


『 夢の中でクマのようなツメをもった妖獣みたいなのに攻撃されて、どんどん傷を負って

  いくんだけど、最後にそいつが 「これ以上傷つけても意味がない。おまえはこれを作れ!」

  と言って自分のツメをもぎって投げてよこしたのを手に握って目が覚めた 』


というツメをそのままペンダントにしたものだそう。

実際、目が覚めた時には、フトンを握り締めていたそうですが・・(爆)





そんなワイルドなベアーさんとは対照的な、乙女ロマン・フルモードの美香さん。

さしずめ、美女と野獣的な差がある、2人の作品の方向性の違い!

こんなに対照的なお2人が、偶然にも同じ時間に同じ空間にいるのは不思議。

だけど、とってもお2人もお話が合って、お互いの作品に対して素直に

『 自分にはない世界だけど、作品として優れている!! 』

と認め合い、またアドバイスをし合ったりで、あっという間に楽しく時間を過ごし

たのでした。
e0139012_17222290.jpg

今回の中で私も大好きなワンドがこれ!シルクのリボンを使って、ちょっとフランス
のアンティーク風なところがお気に入り↑
e0139012_1723320.jpg

ローズクォーツのトップにバラの花↑
e0139012_17493583.jpg

もう一方は、クォーツ。この使っている布やリボンの感じがロココでキュート↑



ベアーさんは、近い内にTianの石で製作を始めるとのことで、とても楽しみ!

来店の間も、ペドロのスカルを手にとって、リングにしようか、ペンダントにするか

とアイデアを出していましたよ~。

ペドロのスカルで、ベアーさんに何か作っていただこうかな?なんだか、すごい

コラボになりそうでしょ?

e0139012_17533464.jpg

美香さん曰く、「 初めてワンドを持つ方用 」だそうです↑
e0139012_17553229.jpg

天使のトップと白いリボン↑
e0139012_1756116.jpg

クォーツに羽とブルーのお花が華やか↑
e0139012_1757513.jpg

リボンの先には、山手カソリック教会のオメダイが付いています↑
[PR]
by bon--voyage | 2011-08-11 18:01
天候の悪い日が続き、中々石の撮影もままならなかった2週間。

そんな曇り空の横浜に、とっても可愛いペンダントが届きました。

Tianでも大人気ですぐに売り切れてしまったメキシコ産オブシディアンの

カボション。

レインボーカラーが入り混じった幻想的なイメージのベルベット・オブシディアン

は特に大人気でした。
e0139012_16192972.jpg

e0139012_16195022.jpg




このカボションを購入されたお客様の中に、ワイヤー巻きのペンダントに加工注文

をされた方がいらっしゃいました。

『 お任せで、感じ取って作ってください 』

というリクエスト。



これは、やはりKuthumiさんに作っていただくのがベスト!

Kuthumiさんは、私やTianのスタッフも習っていたワイヤーアクセサリーの作家

さん。北海道に在住で、数ヶ月に一度、東京~関西に教えにいらしています。



まるで魔法の手みたいにワイヤーを自由自在に操って、オリジナルの手法でレース

模様のような、それは繊細な美しいアクセサリーを生み出してくれます。

そのワザは、生徒たちの憧れの的・・・・。




そんなKuthumiさんのアクセサリーに使われている石は、Tianのものが多いそう。

嬉しいですね~!

アフロディーテという名前を持つ 『 コバルト・カルサイト 』 のTianオリジナルの

ハートやタンブルなども今までにいつくも作っていただきました。

Kuthumiさんの生徒さんやお客様にも、とっても好評と伺っています。
e0139012_16303067.jpg

e0139012_16304756.jpg

コバルト・カルサイトのハートとタンブル。作っても作ってもSOLDになってしまう
ほどの人気↑




今回は、お客様のイメージをお伝えして、自由に作っていただきました。

それが、これ↓
e0139012_163473.jpg

こちらが表側 ↑
e0139012_16345298.jpg

そして、こちらが裏側↑



このように、オリジナルのペンダント加工も承っておりますので、ぜひお問合せ

くださいね。
[PR]
by bon--voyage | 2011-08-08 16:53