Crystal Tellerとは、石のストーリーテラー(物語を語る人)」のこと.Tianスタッフが石を語る!新着の石、注目の石、その他石にまつわる様々なストーリーをお届けします♪


by bon--voyage
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

小さいけれど・・・

Tianの引越しは、ただ今進行中。店頭には、もう石がない状態です。

先週、引越しの始まった初日の夕方に「昨日見た石でどうしても

気になるものがあり・・・」と再来店された方がいらっしゃいました。



その気になった石、というのが『ダイヤモンドの原石』

まだTianを始めたばかりの頃に、スイス人のおじさんでダイヤモンドの

原石だけ扱っている人がいて、そのディーラーさんから毎回買い付け

の度に少しづつ購入したもの。
e0139012_18155546.jpg

レインボーが”キラリ!”と入ったロシア産の原石。0.43ct、46,500円↑
e0139012_18173383.jpg

e0139012_181863.jpg


もうそのディーラーさんもショーに出展しなくなって久しいのですが、

クォリティーのわりにお値段がこなれていたし、他にダイヤの原石を扱う

ディーラーさんがいないので残念007.gif


ダイヤモンドの原石はほとんどが八面体で出てきます↓
e0139012_19571255.jpg

この八面体は、プラトン立体の5つの正多面体の内の一つ↓
e0139012_19575933.gif




プラトン立体を始めとする全ての多面体は、ただの立体物だけなのでは

なく、かつてこの地球が生まれ、まだ「神」と私たちが呼んでいる存在と

地球人の祖先が共生していた頃に、「神」から祖先に受け継がれた奥深

い意味が隠されています。



そんな八面体の形に結晶し、そして炭素でできているダイヤモンド。

カットされたダイヤは、物質的な働き、つまり結婚などの現実的な事柄を

象徴するものになります。



天然の結晶のままの八面体のものは、「ハートのワークを超える」ために

私たちに働きかける存在として現れてきています。

「愛」は私たちが目指す究極の目的ではありません。体のチャクラがハート

チャクラで終わっていないように、ハート(愛)のワークは魂の成長過程の

一つでしかないのです。
e0139012_20203925.jpg

こちらはナミビア産のイエローダイヤモンド、0.43ct、44,000円↑
e0139012_2022180.jpg

結晶面に逆三角形のマーク(トライゴニック)が入っています↑


ハート・チャクラから先は、喉のチャクラ、サードアイ・チャクラ、そして頭頂

チャクラという「宇宙の深遠なる知性」へと向っていく順番のチャクラになっ

ていますよね。



私たちも、そろそろ「愛」をコンセプトにした意識を超えて、その先の「智」へ

とステップを踏み出す時期にきています。

ちなみに、ダイヤモンドを購入された方は、国家試験の勉強中なのですが、

ダイヤが来てからとっても勉強がはかどるとか!!049.gif




知性の部分に働きかけているのかもしれませんが、法律関係の試験なの

で、八面体結晶のダイヤモンドの働きは「社会」や「他人と関わる」ことにも

急速に働きかけるので、余計に頭をシャープにしてくれているのかも。

ダイヤは、小さいけれど働きは大きい、「小さな巨人」なのでしょうか?

e0139012_20274364.jpg

[PR]
by bon--voyage | 2011-01-30 20:36
e0139012_2021921.jpg


ここ数日の夕暮れの空がものすごくきれいですね。

この日曜日もワークを終えてビルを出たら、西側からローズピンクに

染まった雲が見えたので、慌てて家にいた家人を呼んで一緒に良く

見える川岸まで足を運びました。




上の写真は、去年の暮れにハワイのマウイ島に住む友人から送られて

きた通称アンダーラクリスタル。このガラスのことは、最近あまり聞かなく

なりましたね~。



まあ、アンダーラの出所などはいろいろな意見があるのですが、単純に

ガラスってきれいだな~、って思い出すことができるのがこのガラス。

水晶はシリカ(珪素)でできていて、このシリカはガラスの主成分のケイ

酸塩の一種。つまり同じシリカから水晶とガラスに分かれて出来上がる。



ちなみに天然のガラス(オブシディアン)は、シリカ成分の多いマグマが

火山活動によって地上で急に冷え、結晶しないで固まったもの。

現在のところ科学的には天然のガラスでピンクやグリーンなどの色の

ものはないとされている。



アンダーラは天然とされているが、この通りの発色↓
e0139012_19425953.jpg


天然なのかどうかの真偽は分かりませんが、適正な価格で売られて

いるのなら、その人がその美しさの面で理解して購入するならで良いの

かもしれません。



e0139012_19454955.jpg

まるでアクアマリンのような出で立ちのものもあったり↑
e0139012_1947872.jpg

こ~んな鮮やかなオリーブ系のグリーンがあったりで、楽しいです。



2009年の終わりに、仲間内で受けに行ったクリスタル・グリッドのワーク

の時に、そこのサロンにいくつかアンダーラがあって、私はアンダーラを持っ

ていないので「どんなことになるかしら?」と思いつつ初めて自分のグリッド

に使ってみた。


それは結構「新鮮な」体験でした!071.gif

一緒に置いた石は透明感の高いセレナイトのワンドやカルサイトたちで、

もしあのグリッドにアンダーラが入っていなかったら、あれからの私の

時間はそれなりに変化や進歩は見られても、わりと平坦に進んだかも

しれない。



去年のかっとび的な変化は、あのワークのすぐ後の新年の友人のガン

発覚から始まったんだもの。(その人は完治しています)

そして、あの変化がきっかけなのか分からないけど・・・、いや、きっとあれ

が大元なんだろうな・・・、こうして店を移転して、新たなフレーズを築いて

いくことになったわけです。



アンダーラ信仰者でもなかったし、今も違うけど、グリッドに加えることで

自分が思ってもいなかった人生のパターン変えができるガラスかもしれ

ない。

e0139012_2004747.jpg

[PR]
by bon--voyage | 2011-01-20 20:07

新春の新作

バリのペドロの工房から、新しい作品が届いています。

今回は、今までになかった彫金のタイプのペンダントが仕上がって

いたりで箱をワクワクしながら開けていきました。

e0139012_172713100.jpg

ピンクトルマリンのガネーシャのペンダント↑(オーダ品につき、ご売約済み)
e0139012_17292643.jpg

この透かし模様が、中々良いです~~~↑


そして、私はこのアイデアに頭の中でくす球が割れましたね(笑)
e0139012_17564465.jpg


メキシカンオパールの中の、母岩も一緒に付いているマトリックス
オパールの特徴をよ~くうまく活かしたドラゴンが球の周りにヘビがトグロを
巻くように体を巻いているモチーフ↑
e0139012_17371914.jpg



e0139012_17412966.jpg

こちらは、もう一つのマトリックスオパールのドラゴンと球↑
e0139012_17423810.jpg

ドラゴンの背中側から。うぴょ~、オパールきれいですね~~~!!
e0139012_1744276.jpg

こちらは、同じデザインでメキシカン・アンバーで作ったものです↑
e0139012_17464175.jpg



いつもミネラルショーの直前に新作と共にペドロが帰国するため、撮影の

時間もないままショーでお披露目パターンが多かったのですが、幸か不幸

か昨年末の池袋シヨーに帰国が間に合わなかったため、今回はお披露目

させていただいてます。



明日には、ペドロの大人気のムーンストーン天使のペンダントをHPにアップ

予定です。お楽しみに~~!
[PR]
by bon--voyage | 2011-01-14 18:01

Hill of the God?

岐阜県は、私の好きなタイプの国産鉱物がでる場所。

その中でも、神岡鉱山から産出された水晶にアポフィライトが付いた

タイプがお気に入りです。
e0139012_18455279.jpg




神岡鉱山は、岐阜県飛騨市にあった今は閉山された亜鉛・鉛・銀の鉱山。

最初に採掘が始まったのは古く、奈良時代の養老年(720年ごろ)に遡る

という。

2001年6月に採掘が中止されたのだけど、稼働中でも工夫の人たちのみ

しか中に入れず、ここから二次産出される水晶なども、その頃も今も当時の

工夫さんからしか譲ってもらえないという貴重なものです。




岐阜に住む『神岡の石だったら任しておいて!』という、工夫さんと親しい方

から今回も少し素敵なアポフィライト付きの水晶を分けていただきました。
e0139012_18474589.jpg

細かいけれど、一つ一つの結晶の形もきれいで透明感が高いアポフィライト↑
e0139012_18484385.jpg

水晶の単結晶のトップに重なるように付いている↑



国産の鉱物は、日本人本来の持っている優しさ、純粋さ、感性で受け取る

という性格をそのまま体現してくれているよう。決して派手で主張するタイプ

ではない。

その石も波動が優しくて、肉体にも心にも自然に馴染んできて、持っている

だけでヒーリングになりそう。




神岡といえば、東京大学宇宙線研究所のニュートリノ観測装置「スーパーカ

ミオカンデ」があるところ。設置された神岡鉱山坑はえっらい僻地だけど、

観測装置に必要な巨大な地下空間を作るのに頑強な地質が適していた

ため、 また観測に純水を調達するのに坑内湧水が利用できたことなどが

理由だそう。




でも、神の岡で素粒子の一つのニュートリノの研究が鉱山跡地で行われて

いるのは、偶然にしても私にはかなりワクワクもの。

ニュートリノはこうしてブログを書いている間にも、ものすごい速さで地球

自体をも通過していっているんですよ~。まだ実態が解明できていない

素粒子なんです。



この神の岡からやってきた貴重な石たちは、Tianの店頭で発売中です。

ご来店できない方は、メールにてお問合せください。HP製作はもう少し

時間がかかる予定です。
e0139012_1911355.jpg

[PR]
by bon--voyage | 2011-01-07 19:06
謹賀新年。今年も新しい年が始まりました。

Tianも今月末に引越しをして、新しい店として再出発の年です。この引越し

についてほとんどの方から『横浜駅から近いところになるから便利』、『ワー

クに参加して石がほしい時に、その場でたくさん石が見れるから嬉しい』という

意見をいただきホッとしています。



今まで元町が近く、便の良かった方たちにはご迷惑をお掛けしてしまい

ますが、これからもTianをよろしくお願いします。



さて、昨年末にバリのペドロの工房から新着のカーヴィングが届いてい

ます。その中から心にヒットしたものをご紹介しますね。
e0139012_1951515.jpg

ローマンガラスに妖精を彫ったもの。元のガラスの形を上手く活かして
妖精の羽にしてあるところが素敵↑

e0139012_19524714.jpg

ちょいエロではないかという意見もありますが(笑)↑
e0139012_19542058.jpg

またジュエリーとして身に着けられない状態なので、これからどのような
ペンダントに仕上げていくのか楽しみです。



お話変わって、Tianでは昨年の3月の春分から1年間の継続ワーク

『コクーン・ワーク』を進めてきました。2010年のコクーンは来月の2月に

最後の『魚座のワーク』をやって終了します。



このワークは、基本は毎月の星座に合わせてテーマを作り、惑星の情報

を始めとした様々な視点からの情報を伝え、各テーマと自分のワークを

クリスタルを使って行い、解決方法を見つけたり、また自分の才能や能力

を探っていくのが主体です。




スピリチュアル・ワークだけでは、自分の才能や能力を見つけ出し、それを

本当に使って人生を豊かに生きていくことは難しいです。確かに精神的な

情報やワークは、私たちの心に気づきをもたらせ、今まで見えてなかった

新たな方向に目を向かせてくれるでしょう。



でも、その気づきをもって現実的に物事を成し遂げ、本当に自分の夢や

目標を現実化させるには、スピリチュアルだけに頼っているのでは弱す

ぎます。




どうして、幸せになるためのセミナーや豊かさを呼び込むワークショップ

に参加した人のほとんどが、それらを実現化できていないのでしょう?

シークレットを読んでも、どれだけの人が、豊かになれたでしょうか?




コクーン・ワークは、自分の能力を探り出し、それを使って心も満たさ

れるのは当たり前、能力や才能をきっちり使って現実的にも金銭的に

も豊かになり、自立した人生を歩むのが目標です。





そのプロセスの中で、自分の中でバランスを取らなければならないところ

や、修正していく部分が出てくるので、それらをクリスタルやホロスコープ

の情報を使ってワークしていきます。




ご興味のある方は、ぜひお問合せください。

2011年コクーン・ワークは3月の春分の前にスタートです。ワークのデモ

ンストレーションも2月に行うことを考えているので、また決まり次第お知ら

せします。
[PR]
by bon--voyage | 2011-01-06 20:36