Crystal Tellerとは、石のストーリーテラー(物語を語る人)」のこと.Tianスタッフが石を語る!新着の石、注目の石、その他石にまつわる様々なストーリーをお届けします♪


by bon--voyage
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Kissing crystals

オーナーがミュンヘンに旅立って、二日。
美味しいもの、たくさん食べているかな~とか、早速いい石との出会いはあったかな~とか、色々思いを馳せつつ、今日もお店番です。

ところで、先日ご紹介したヒマラヤ、マニカラン渓谷産のクォーツクラスターの中で、一点、最近とても気になる石があります。
TIAN682e ヒマラヤ産クォーツ・クラスター・5

e0139012_1231325.jpg


想像もつかない高温の熱水の中で育った二つのポイントが、或る場所で出逢う。
そしてそれぞれが完全な結晶形を保ったまま、やがて氷の中で長い眠りに付き、今、掘り出されて多くの人の手を経て此処日本にたどり着いたご縁はとても大事なものと感じます。

e0139012_12313139.jpg


まるで初めての口づけを交わしているかのように、そっと触れ合う二つの結晶。
暖かい部屋で、キャンドルの灯りの中で眺めてみたいような、そんな、物語を感じさせる水晶。
情熱的な出逢いと、想いをそのまま凝らせたような結晶の形は、私自身はいつもはとてもこんなことをを言う柄ではないのだけれど、とてもロマンティック☆です。

nozomi

*****

明日、10月30日(金)~11月2日(月)は都合により誠に勝手ながらティアン店舗を休業させていただきます。
その間、お問合せなどの対応や、発送業務等停止いたしますのでご了承くださいませ。
[PR]
by bon--voyage | 2009-10-29 13:15 |

ミュンヘン・ショーへ

本日から、私オーナーはミュンヘン・ショーへ買い付けに旅立ちます。

向こうで買付けた石は現地から送るため、荷物が横浜に届いてから値段がつくまで、しばらく掛かると思われます。

その間も、まだまだご紹介したい石がたくさんあるので、順にアップしていきますよ~。

今週から来週にかけては、スカルのカービング、音妃さんとのコラボレーションによる「木星のスターキャッチャー」、そして問い合わせが止まらないシュンガイトもアップしていきますのでお楽しみに。

スカルは、男前(♂なのか?)に写るフォトジェニックさんがいくつがあり、マザー・オブ・パールやヘマタイトなどお手頃価格のものから、珍しいスファレライトのスカルまで揃っています。

木星のスター・キャッチャーは、前回のエジプトの神様のブレスレットより買いやすい、嬉しいお値段。

でも、美しさと創造性の高さは前回と同じで、音妃さんのダウンロードする美しい愛の世界が凝縮されたかのように、エジプシャン・ガラスを始め、石のビーズが煌めいています。

私も一つ窓辺に飾って、夜の星にに呼応する輝きを楽しみたいな~、と思う仕上がりです。

シュンガイトは、在庫も残りが段々と少なくなってきています。興味のある方や、まだ購入のチャンスを迎えられていない方は、ぜひこの機会にどうぞ!

今回は立て続けのアップで、「う~ん、あれも、これも気になる~」という方もいらっしゃるかも?

お気に入りの組み合わせを選び、ご予算と相談で素敵な石との縁が生まれるとよいですね。

e0139012_14134581.jpg

本日のお店の一角。お天気がいいので鉱物たちも気持ちよさそうで一枚。(N)

by.オーナー
[PR]
by bon--voyage | 2009-10-27 14:15 | いろいろ
19日の夜中から始まった毎年この時期に夜空に観測される「オリオン座流星群」
21日は1時間に50個くらいまでという最大数で観測される日でした。
オリオン座流星群はハレー彗星のチリだそうで、ハレー彗星って76年周期で地球
に近づく彗星で、太陽の周りを公転している周期惑星。
その軌道は楕円なため、海王星の軌道を越えるとか。

冥王星もそうだけど、海王星の軌道を越える天体って地球の次元を超えた意識に
直結していると思う。
その次元を持つと想定されるハレー彗星の放つ光が見れるって、地球に生まれて
よかった~、3次元の世界にいても美しい宇宙のシンクロニシティーが体験できる
って素敵だと思います。

といいつつ、どうやらTianでは、海の近くに住んでいるNonちゃんが海岸でダンナ
さまと座って大きな流れ星を見た唯一の人ですが(笑)
横浜の都会だと、中々難しいですね~。

流れ星って、ものごとが現実化することが確定した時に起こるらしいです。
だから、昔から「流れ星に願いをかけると叶う」と言われ、自分の思いの現実化を
願っていたのかもしれませんね。

前置き長くなりましたが、そのオリオン座流星群が最大に観測される日に、音妃さん
に、ジュエル・オブ・アルケミストの第段の「木星のスターキャッチャー」に彼女の声
で木星のエネルギーをプログラミングしてもらいました。

今回は、トップにエジプトで作られたエジプシャン・ガラスを使い、石のクリスタル・
ビーズやスワロフスキーのビーズを入れて、星のエネルギーと光をキャッチする
スター・キャッチャーに仕上げてあります。
e0139012_15491583.jpg

e0139012_15502078.jpg

↑今回は全部で6点です。
e0139012_15511781.jpg

↑「パピルス オヴ ジュピター」・・・・・わたしは、木星の図書館にある宇宙の全ての愛と平和の記録の管理者。あなたが木星を通して世界のバランスを祈るとき、木星の愛は細やかに振動を起こし、大いなる宇宙の叡智と共にこのクリスタルをチャネルして地球へと届きます。(リーディング一部抜粋)
e0139012_15545042.jpg

↑「ローズサークルのしずく」のトップ部分・・・・・木星のハーブ・ガーデンに密かに咲くピンクのバラの花。その花の花びらが開くとき、そこに宇宙の愛のエネルギーが渦巻きます。(リーディング一部抜粋)
e0139012_1557681.jpg

↑「ユピテルの錬金術」・・・わたしは木星ユピテルの名の下に、あなた必要な情報と必要でないものとジャッジに振り分けてお届けします。(リーディング一部抜粋)

木星の持つ愛のエネルギーは、音妃さんがやっている聖歌隊のワークの本質でもある
と感じています。その音妃さんにより、ハートのワークのために、幸福の本質のために
木星にフォーカスしてもらいました。プログラミングの日は、偶然にもオリオン座流星群
の降る日と重なりました。きっとオリオンの意識もサポートしてくれていると思います。

今回は一部をご紹介しましたが、このスターキャッチャーは来週にアップと売り出し予定
になっています。お楽しみになさっていてくださいね。by オーナー
[PR]
by bon--voyage | 2009-10-23 16:09

季節もので・・・

e0139012_21574983.jpg

実は今年のツーソンの時には既にわかっていたのだけど、外部には
あまり伝えていなかったことがあります~。

先々週に行なわれたIMAGEショーの時にお初で、でも静か~に発表
していたので、あまりまだご存知の方も多くないはず・・・。

もったいぶらずに言いますと(笑)、昨年ヴィクトリア・ベッカムさんが
ペドロのゴールデン・ラブラドライトの天使のペンダントを購入したという
ニュースがツーソンに行った時に、それを購入したディーラーさんから
入ってきたのでした。

それが、ブリティッシュ・ヴォーグの2008年12月号の「私のお気に入り!」
というコーナーで写真入で紹介された、ということもわかって、
「え~、ペドロすごいじゃ~な~い!」と内輪で騒いでいたのでした。

でもお話だけだとブログでご紹介しても何となくわかりにくいし、それから
ブリティッシュ・ヴォーグ社に連絡をしてバックナンバーを探したりしたものの
バックナンバーを購入するのって複雑。そんなで諦めていたところ、そのディ
ーラーさんが生ヴォーグを今回のデンバーショーの時に貸してくれて、ペドロ
がそれを持って帰ってきた~~~というわけで、やっと今回皆さんにご紹介
することができました。

そこで初めて彼女のコメントを読み明らかになったのが、ヴィクトリアは自分
のためだけに買ったわけでなく、結婚10周年を記念してデヴィッドとペアー
で購入したこと。
そして、かなりお気に入りなご様子が読んで取れる感じ。
お~、あのデヴィッド・ベッカムも着けているんだ~、と思うとちょっと「うふっ」
って感じかな(笑)

いつか近い内に、そんなペドロの大人気の「ペドロの天使」のコミュなんて作り
たいな~と思っている私・・・。略して「ペド天クラブ」(笑)
ペドロのカービングやジュエリーのファンの方が集まってペドロを囲んでお茶会
をやったり、お互いの天使などを見せ合ったり・・・。
楽しいコミュにしたいですね~。

さて、そんなペドロの新作の中で、この季節のハロウィーンに合わせてこんな
カービングを集めてみました。
e0139012_2281256.jpg
  
はい、見事に勢ぞろいのスカルたちです(笑)
e0139012_2291279.jpg

これだけ揃うと、スカルの怖い感じはどこへやら、ただ「かわいい~」になってしまうの
はなぜ???
e0139012_2211746.jpg

私のお気に入りは、このパープルカルセドニーとブルーカルセドニーの子たち。
天使とは正反対の世界観もあるスカルだけど、こんなミニサイズなら一つ持っていて
もいいかな。

こちらは今月末にHPで売り出しの予定です。
お気に入りのスカルが見つかるかも???

 
                                                                                                                                                                          
[PR]
by bon--voyage | 2009-10-17 22:20

The 1st Crystal Seed Tour

e0139012_2143642.jpg

本日は第1回目の「Crystal Seed Tour」が開催されました。
参加された方の” 石歴 ”は様々で、数年前から石を集め始めていた方も
いらっしゃれば、ついほんの2週間前にTianでオリジナルブレスをたまたま
作られて、その効果を実感されて、「もっと石のことを知りたい!」といらした
方もいらっしゃったり。

石と私たちは異なる言語を持つため、その間には共通言語がありません。
なので、一見石は何も語らず、「私には何も感じない・・・」と思ってしまうことも
多いのでは?
石からのメッセージを得ることは、決してサイキック能力を得たり、開発したり
することではありません。私にも、そのような能力は特別にありません。

ただ、10年間石と付き合ってきたことで得れたノウハウで、石の言語を翻訳
できるようになっただけ。
なので、基本的に石に向かい合う姿勢さえ作れば、誰にでもできること。
今日も、その切り口をお伝えできていたら、嬉しく思います。

このツアーに参加されると、もっと詳しく石のことを知りたくなる方もいらっしゃ
るはず。というわけで、Tianでは引き続き「石のことを学べるクラス」を開催して
いく予定です。
1回目の開催は、12月19日(土)、13:00~、Tianセッションルームで、
「水晶を知る」クラスを行ないます。

私のクラスは、「石を持って意識を肉体以外のところに向ける」や「石で○○と繋がる」
ということは、あまり行ないません。むしろ、石を構成する元素、水晶ならシリカ(珪素)
の意味を探っていくことで、私たちと石との関係性を学んでいくようなカリキュラムを
取り入れて、そこに感覚や感性で石を知っていくようなクラスになります。

このクラスは特にツアーに参加されていない方でも受けられますが、対象はやはり
初心者の方のみになります。また、ツアーに参加されている方が、より理解が進むと
思われます。

また改めてHPで告知をしますので、そちらをチェックなさってくださいね!
[PR]
by bon--voyage | 2009-10-12 21:09

シュンガイト・ハイ?

今日は秋晴れのとても気持ちの良いお天気でした。

前スタッフのOkuちゃんが、今日はお子様Rくんを連れて遊びに来てくれました。
もう5ヶ月ですって~!早いものですね~!!

これまで遠出のときにはダンナ様の車でのお出かけだったそうなのですが、今日は初めての母子2人での遠出。電車の中では、Okuちゃんの母親としてのちょっとした”レッスン”もあったようです。お子様の成長とともに、親も成長していくんですね~

「最近の子は、親より大人な感じだよねっ」(← 一同、納得…笑)

*****

さてさて、先月末にHPにシュンガイトをアップいたしましたが、あっという間に嫁いでいきました…
ご予約が重なってしまったりする程の大人気。ありがとうございます!

その後も、お問合せが続いておりまして…スタッフとしては嬉しい悲鳴(笑)
手を真っ黒にしながら、どんだけ写真撮って送ったことか…

お買上くださった皆様、本当にありがとうございます。

2000~3000円台のものを中心に、まだ在庫がございますので、まだシュンガイトを手にしてない方も、リピーター(笑)の方も、お早めにお問合せくださいませね。

e0139012_1882510.jpg


やはりシュンガイトは最近出回り始めたばかりなので、「どんな石?」「どう使ったらいいの?」という質問をよくいただきます。

Tianで持ってるシュンガイト情報は、過去のオーナーブログや、当ブログでもたくさんご紹介してますので、是非参考になさってくださいね!

シュンガイトのお問合せやご注文に接していて、私なりに「面白いな~」と思ったのが、大きい塊(10,000円弱)はもちろんなのですが、なぜか小さなカケラ(1000円台)も一緒に売れていくということ。

大きいものから売れていくのは(金額的な制約はあるものの)、なんとな~く3次元の私達には自然な感じがするんですよ。

では、なぜシュンガイトは、1000円台のもの(2cm前後)も良く売れるのか?

それは…

「ペットボトルの口に入るサイズ」だからです。

シュンガイト活用法として、「シュンガイト水」を作ることをTianではお勧めしています。
そして「どうやって作るの?」というご質問も多く寄せられております。

ま、「エッセンスおたく」の私としては、いろいろ「石の水」を作るには、こだわろうと思えばいくらでもこだわることはできるんですよっ

「クリスタルのボウルに、フレッシュなミネラルウォーターを入れて、石とアチューンメントして、午前中の太陽の光にあてて…」(←王道!)

ちょっと…めんどくさっ(笑)
そういうのがワクワクするし、必要な場合もあるけれど、日常的には正直やってられん話ですわ。

シュンガイトはそんなことしなくても、なんかお水に入れとくだけで、充分な感じなんです。
だから、普段使うお水(例えばペットボトルや浄水器)にコロンと気軽に入れて飲んでみて欲しい!

それから…

まだ実験段階ですけど、個人的にいろいろやってみております。(←好奇心旺盛な水瓶座)

・化粧水(ハーブウォーター)に入れる。
・鉢植えにおいてみる。

この他にも、お客様から寄せられたものですが、

・お風呂に入れる

などもありました。
まさに「第二のブラックトルマリン」(byオーナー)ですな~

e0139012_18155710.jpg


物質的な活用法だけでなく、パワーストーン的にいうと「どうなの?」ってところも気になりますよね?

私なりに春くらいからシュンガイトにフォーカスしている時の自分の意識がどうだったかというと

やはり「生きる喜び=若返り」ってことを教えてくれる石のように感じています。

春にシュンガイトのビーズを手にした時に、しばらくお休みしていたビーズアクセサリーの製作に夢中になったり…

今回エリットが店に入荷し始めて、手を黒くしながら値段のシール張ったり、台帳つけたりしてるときにも「ヘンプのアクセサリー」に没頭しはじめたり…

仕事とかお金とか全然関係なく、誰がどう思うかなんて関係なく、時間忘れて「楽しー♪」っていう気持ちになる。ただただ「作る」という行為に没頭することが、こんなに楽しいなんて…
小さい頃、大好きだったことって、人それぞれだけど、そういうものだったなって、思い出した。

いつまでも若くあるってことは、肉体的物理的には残念ながら限界があるけど、意識の上では無制限。
心から楽しいことをする時間を日々日常の中で見つけていくこと、そういう時間を積み重ねると、どんどん若返ることができるんじゃないかしら?

「これからの人生の中で、一番若いのは”今”!」

って、どっかの誰かがいってたような…

Tianでは、

「私はこんな使い方してるんだ~」
「こんな効果があったよ~」
「私にとっては、こんなことを教えてくれた石だな~」

みたいな、シェアリング報告、お待ちしてます。

すでに、シュンガイトファンになっていただいたお客様とTianスタッフの間ででも、かなり盛り上がっておりますのでっ!

この”盛り上がり感”こそが、楽しくってね~!
これがTianにとっての”シュンガイト効果”かも(笑)

シュンガイトのワークショップも企画中みたいですよ~!

それから…

今回入荷したエリットを加工にもまわす予定みたいです。
スフィアやビーズなどになるのだと思いますが…

シュンガイトエリットは、ぶっかき(塊)のままだと、脆いし手が黒くなるので持ち歩きにはちょっと不便なんですよね…

春の時のビーズはフラーレンの含有量が低いものだったけど、今回はエリット!
お楽しみになさってくださいね!
(私が一番うかれているかもっ=シュンガイト・ハイ疑惑です…)

By Kuniko
[PR]
by bon--voyage | 2009-10-11 18:22 |
今日は、この台風でスタッフのNONちゃんが使う東海道線が不通になり
店に来ることが出来ず、またクリスタル・リーディングのご予約も暴風に
より延期になったり、とTianでも台風の影響がありました。

今日店に来る時に、ちょっと遠回りをして元町公園を通ってきたのですが
強風で折れた枝やもげた葉っぱに混ざって、まだオレンジ色の銀杏の実
やドングリがたくさん落ちていて、公園の道はとっても秋の風情に早変わり
していました。子供の頃のように、夢中でドングリ拾いをしてしまった(笑)
e0139012_180340.jpg

さて、今月はハロウィーン祭が、この元町をはじめ各地で行なわれること
だと思います。
ハロウィンの当日は、私はミュンヘンに買い付けに行っているので日本に
いませんが、その1週間前の24日の土曜日に「黒い石のワーク ~自分
の中のブラック・マドンナを探すワーク~」を開催しようかと考えています。

私たちは、自分が生まれたばかりの時のように「白く」、無垢で純粋な存在に
戻れたらな~~~、と思ったりしますよね。
この世のあらゆる体験を経て、ハートも頭の中も疲れてしまって透明感を
失っている感覚。

でも、誰も、あの無垢な白い状態に戻ることなんてできないのです。
白はあくまでも出発点。様々な体験を経ながら、グレーというすっきりしない
状態や気持ちを持つこともたくさんあります。
でも、そんなグレーの中から本当の自分の色を輝かせることが私たちの目標。

その輝きを得るには、一度シロ・クロはっきりしないグレーな自分をすっきりと
させるために、自分の中の本質的な黒い世界を見つめてみることが大切。
ブラックマドンナ(黒マリア)とは、あなたの中に混沌としてある全ての可能性
の原型を宿す世界のこと。あなたの本質の持つ「種子」のようなもの。

決して「黒い世界」というイメージのように、自分の中のネガティブなものを
指しているのではありません。
自分の色の輝きを得る前に、自分の中のブラックマドンナはどんな姿をしている
のか確かめて、その黒い世界を知る自分ための通過儀礼のためのワークです。
e0139012_1834475.jpg

なぜハロウィンの時期なのかというと、24日から太陽がさそり座に入ります。
さそり座の支配星は冥王星で、まさに闇の世界を支配する惑星。
また、さそり座は自分の境界線を超えて未知の闇の世界まで届こうとする
パワフルな星座。

そして、黒はタロットカードでいうとの13番目の「死」のカード。
タロットの絵には大きな赤い鎌を手に持つ骸骨が描かれていて、その意味する
ところは、「幻の生き方、考え方を鎌で切り取ることで、本当の生命を授かる」
という、死をもって生まれ変わりを体験する、ということ。

闇とか、黒とか死とか、何だか怖そうなキーワードが出てきていますが、この
ワード、実は自分の中にあるもの、ですよね。
ブラック・オブシディアンが、「自己の内面の闇を見せつけることで、あなたに
大切な気づきを与える」という石のように、見ないでいても私たちの中にある
もので、黒い石とワークすることで夫々の石たちが今この時期に見るべき私たち
の姿を教えてくれると思います。
e0139012_1882316.jpg

決して、オドロオドロしい怖いワークにはなりません(笑)ので、安心してください。
石はその人が、今受け入れる必要のあることしか教えませんから。

古代イギリスのドルイド信仰においても、生と死の世界が最も近づき、闇を通過
することで新しい生命を得るというハロウィンの時期に、新しい自分の誕生の前触
れとして、このワークを受けていただければ、と思います。
具体的に時間、金額などが決まった時点でHPにも告知を載せますので、興味
のある方はチェックしておいてくだいね。
[PR]
by bon--voyage | 2009-10-08 18:25

IMAGEショー・2

昨日に引き続き、明日から始まるIMAGEショーに出品の鉱物のご紹介です。

e0139012_19143513.jpg

"ロシア産ピンクトルマリン"
以前ロシア産の磨き石特集でご紹介したものと同じタイプですが、今回は更に様々な大きさ・形のものが揃っています。
アクセサリーに加工したら素敵だろうな・・・と思うものもいくつもありました。

e0139012_19182155.jpg

こちらはとても可愛らしくかつ清廉な雰囲気を持つモルガナイト。
ベリル類特有の輝きが、美しいです。
(直前までシュンガイトに触れていたため、指が黒くてごめんなさい)

e0139012_19224728.jpg

最後に、今回初めて見た!変な丸玉。
中に緑泥でしょうか。薄い灰緑色のインクルージョンが多数入っています。
まるで銀河が多数浮かぶ宇宙をネガに反転させたような・・・手にしていても、とても不思議な、何か初めて触れるもののように感じられました。
・・・とはいえ、私がオーナーに言ったことといえば、"これ、ジュンサイ入りクォーツ?"

他にも多数の新着石が出品されるそうです。
ご来場をお待ちしております。

そして、設営中のオーナーからのメッセージをお届けします。

+++

今日、会場でペドロがデンバーで買ってきた石を開けていたら、中々いいものが出てきていて、写真がないから紹介できないのが残念、無念。

透明感が高く、形もかなりきれいなカセドラル(本日の設営日に他のブースのカセドラルと比べたけど、このクォリティーを持っているところは今日の時点ではいないし、うちの値段は決して高くないことが判明)、ここまでのクォリティーではないけど、お手頃価格のもの、クォーツでパイライト、カルサイトのインクルージョンがきれいに入った可愛いサイズの丸球、厚みのある色の濃いチャロアイトのタンブルなどなど。

全て数が限られているので、興味のある方は早めにブースにいらしてください。
裏の入り口から入って2番目の通路、ラピスを販売しているバキスタン人のミネラル・サライさんの隣です。(いつもの場所とほぼ同じ)


+++

お知らせ

・ブースナンバーは、No.34です。
 会場内地図をご覧の上、お立ち寄りください。

・諸事情により、クレジットカード決済は承ることができませんので、ご了承くださいませ。

・ティアン実店舗は、2日(金)~5日(月)まで休業いたします。
 お問合せや発送業務などは6日(火)より対応しますので、よろしくお願いいたします。

nozomi
[PR]
by bon--voyage | 2009-10-01 19:34