Crystal Tellerとは、石のストーリーテラー(物語を語る人)」のこと.Tianスタッフが石を語る!新着の石、注目の石、その他石にまつわる様々なストーリーをお届けします♪


by bon--voyage
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

石系女子の新常識?!

このところ暑くなったり、涼しくなったり、体には厳しい日々が続きますね。

少し前までは、ラピスなど涼しげな青い石がよくでていたのですが、このところグリーンとかオレンジあたりの、「健康」「元気」系の石を店頭でお客様が手に取るのをよく拝見します。

そういう私も多少、夏バテ気味です。基本は、食べ物、水分、睡眠、運動などのバランスを心がけるようにしておりますが、それでもしんどい時には、石やフラワーエッセンスの助けを借りながら、ゆるゆると過ごしております(それが一番!)

e0139012_1729061.jpg


本日は、カメラさんが出張中でして…ブログ用に新しい写真がとれないんです(汗)
(天候もイマイチだし)

ついては(過去の写真の使いまわしで恐縮ですが)再度ご紹介したい石達がございます。

それは…

e0139012_17293948.jpg

「セレナイトのワンド&ソープセット」
*画像の現品は、売れてしまった可能性がございます。お問合せの際は、サイズとご予算をお伝えくだされば、在庫の中から確認いたします。

最近は、クリスタルのブレスを気軽にアクセサリー感覚で身につけてくださる方が増えました。おかげさまで、Tianの「自分にあった石で作るオリジナルブレス」も大好評!ありがとうございます。

また、石好きさんの中にも、昔ながらの「鉱物系」の方、スピリチュアルなアプローチをされる「パワーストーン系」の方や、身体にのせる「ヒーリング系」の方、それぞれの感性で、石を身近に感じてくださっているかたが増えてきています。

そこで…

本日は、どんな方にも共通してお楽しみいただける「石を生活の中に取り入れる方法」をご提案させていただきたい!(←時節柄、なぜか選挙口調)

「セレナイトのワンド&ソープセット」は、本当に便利!

まず、セレナイトのワンドは、毎朝お出かけ前にお使いください。

手でワンドを持って身体の回り(10cmくらいのところかな)、全身を撫でるようにします。
1分もあれば充分です。一日が、すっきりとスタートできますよ。

顔を洗ったり、歯を磨いたり、毎朝物理的に体をキレイにするのは当たり前ですね。エネルギーにもこだわりたい石好きの女子は、オーラも毎日磨きたい!セレナイトのワンドは、エネルギー的にオーラフィールドをクレンジングしてくれます。

いや、これ、ほんと、気持ちいいんですよ!
一度、是非お試しくださいませ!

店頭でオススメすると、ほぼ100%、「わ~、ホントだ~」と皆さん実感してくださいます。

e0139012_17383946.jpg


そして、ソープは、毎晩お休み前にお使いください。
夜寝る前、ベッドの上でリラックスしながら、セレナイトソープを握ってみてください。

瞑想なんて、そんな仰々しくしなくていいですから。
ちょっと握って、ボーっと深呼吸を数回してみてください。
「心の石けん」です。一日のモヤモヤを、すっきりと洗い流してくれますよ。

ただただ…感じて欲しいです。この気持ちよさを!!

よく、嫌なことやショックなことがあると、「オーラが曇る」という表現をする方がいらっしゃいますね。私は見えるわけじゃなのでわからないですが…でも、セレナイトを使っていると、「わたしのオーラのくすみ、取れてる?」っていうのが実感できるんです。

あと、嫌なことを思い出せなくなるっていうか…そういう感じがします。

疲れてる時ってその日の嫌なことをわざわざ思い出して反芻しちゃって、また味わって嫌な気分になってしまったりしませんか?人の脳って単純だから、現実に今体験している出来事と、イメージしたり思い出したりしていることの区別が出来ないんですって。

だから、嫌なことを何度も思い出したりすると、またそれを体験してるのと同じことになって、どんどん「オーラ」のレベルでは、曇ってくすんでっちゃうわけで(汗)

セレナイトのソープやワンドで、日々こまめにクレンジングしてると、嫌なこと、思い出そうとしても思い出せなくなってるんですよね。

セレナイトが、嫌なこと、辛いことも「光」に変えてくれてるような、そんな気がします。

エネルギーの浄化、オーラレベルでの浄化の方法は、人それぞれいろいろなやり方があるから、いろいろ試してみるといいと思いますが、私は、いろいろ試した結果、「セレナイト・セット」の活用は、自信を持ってオススメできます。特に「感情レベル」のクレンジングに有効だと思います。

「石系女子の新常識」として、定番にならないかしらん?(笑)
ムダに高価な化粧品なんかより、ずっとステキになれると思いますよ!

もちろん、ワンドだけ、ソープだけ、どちらか自分が続けられそうなほうから、まず取り入れてみるのもいいですね!

あ、それから、男性も使ってください。
みんなで「ピカピカ・オーラ」手に入れましょう!!

By Kuniko
[PR]
by bon--voyage | 2009-08-30 17:46 |
朝晩はだいぶ涼しくなってきましたね。
とても心地よい夜風の吹く宵です。

ティアンの店の奥には、入荷したまま出番を待ちながら眠っている石たちが相当数存在します。
石時間にしてみれば、さしたる長さではないのでしょうが、3年ものとなるとお酒などでは古酒とも呼ばれますね。
店の奥で3年。
そんな、ある意味程よく熟成された(笑)石たちの中からひとつ、ご紹介です。

先日オーナーがどこからともなく出してきたのは2006年に入荷したブラジル産オニキス。
実はわたしもお客時代に(笑)確か新着石として購入していたものです。
これがまた形のユニークさに惹かれて・・・

e0139012_20302650.jpg


当時のスタッフだったokuちゃんが、"カーリングの石みたいだよね"と見せてくれたものを、わたしは"スイッチみたい~!"と一つ入手していたのでした。
その時は、何かをリセットするためのボタン、押しちゃダメだよって言われたら余計押したくなるボタン・・・などと思いながら触れていたのだけれど、今回相当久しぶりに手にしてみると、なんだか印象が違う・・・
何かの"眼"か、有機的なもの・・・よく見ると表面にパイライトらしき細かな金色の粒粒も見えるし、白い模様も今はもっと饒舌に語りかけてきているような。

e0139012_20443393.jpg


今こうしてブログを書いている間も、横からじっと見つめられているような、"意思を持った視線"を感じます。
最近、サーペント・アイ・オブシディアンのように"視点"をキーワードとした石をご紹介することがあるけれども、このオニキスに触れていると、自分の視点、立ち位置をはっきりさせること、を想うのです。

e0139012_2054377.jpg


視点を定めるということは、おのれの意思の立脚点を定めるということ。
想いを現実化しようとするときに、まずそこを、しっかりさせることは大切ですね。
石の意思?自分の意思?(笑)どうか混乱なさいませんように。

この石は9月のご紹介石としてサイトに掲載する予定です。
なので詳細スペックもその時に。
気になる方は、チェックしていてくださいね。

nozomi
[PR]
by bon--voyage | 2009-08-27 20:54 |

オブシディアンたち

暑いですね…今日もセミさんがとても元気です。

セミの声もだんだん変わってきますね。今は「ミーンミーン」と「ジジジジ…」という声が強いですが、もう少しすると「ツクツクホウシ」が出てきます。

8月の頭にサーペント・アイ・オブシディアンをHPにアップしましたが、本当にあっという間にSOLDになりました(ありがとうございます)。まだ店頭には多少在庫がございますので、手に入れてない方はお早めにどうぞ。

今日は、その他各種、Tianのオブシディアン達をご紹介いたしますね。
(画像の中の赤数字は、以下の個別写真のスペックと対応しています)

e0139012_17421929.jpg


私は、どちらかというと石は「身につけて楽しむ派」ですので、服に合わせたりして楽しむことが多いです。あまり黒い服は着ないので、どちらかというと黒い石ってあまり親しんだことがなかったかも。(例外はブラックトルマリンくらいかな?)オブシディアンとか、オニキスとか…「??」って感じでした。好きとか嫌いとかでなく「眼中にない」っていうのかな?いわゆる「アウト・オブ・眼中」(←うっ…懐かしい言い回し、今使いませんね)ってやつで。

でも、なぜか「クリスタル・ヒーリング」のクラスの時に、一番最初に選んだ石は、「レインボー・オブシディアン」で、石の瞑想をしたとき、石の中に入ってしまったかのように同調し、とっても心地よくなったのを覚えています。特に石から得たメッセージというのはなくて、ただただ言葉のない石の世界にいってしまった感覚でした。

その時、講師の方からいただいたメッセージは「感情のマスター」でした。オブシディアンは強い石だけど「レインボー・オブシディアン」は、優しい。虹は全ての光を含むから。この石を選ぶ人は、現世においても過去世においても様々な感情体験を経てきている…と(かもしれない…)

それからです、私とオブシディアンとのおつきあいがはじまったのは。

それにしてもTianに来て、こんなにいろんな種類のオブシディアンに出会えるなんて!
オーナーのダンナ様ペドロさんがメキシコ人なので、メキシコの業者さんから、いろいろなオブシディアンが入荷してきます。

私も先日、ようやくいろいろな種類を買わせていただいて、ワークし始めたばかりなのですが、オブシディアンというと「カルマの解消」がテーマのように思います。

「カルマ」っていうと、どうしてもネガティブなイメージが先行しがちなのですが、良き「カルマ」ってのも当然あります。(良いカルマの場合は「徳」って表現される場合が多いのかな)実際は「カルマ」は「カルマ」であって、いいも悪いもないんですけどね。

e0139012_17511471.jpg

1.虹がまぶしい「ベルベット・オブシディアン」T360 H2.4×W2.8×D1.8 1,500円

「ベルベット・オブシディアン」は、ほぼレインボー・オブシディアンと同じ。感情体験に伴い生じる更なるカルマ、終わりのないカルマを受け入れることを教えてくれる。

e0139012_17514265.jpg

4.クモの巣模様の「スパイダーウェブオブシディアン」T142 H2.9×W3.2×D2.1 1,950円

「スパイダー・ウェブ・オブシディアン」をはじめてみた時、これは「人間関係」に関わる石だと直感しました。「ご縁」に伴うカルマの解消がテーマではないかと。

e0139012_1752358.jpg

3.ゴールドの輝き、「ゴールドシーン・オブシディアン」
(シルバーシーンは残念ながら、在庫切れ)
TT97 H2.4×W3.2×D2.2 1,600円

「ゴールドシーン・オブシディアン」と、「シルバーシーン・オブシディアン」は、「アカシックレコード」へのアクセスに関連しそう。特に個人情報的な部分、つまり過去世に関わる意識の世界の旅のお供にいかが(笑)?

e0139012_1754034.jpg

5.去年出てきたばかり、まだまだ謎多き「サーペント・アイ・オブシディアン」T359 H3.0×W2.2×D2.0 1,300円

「爬虫類の脳」って言葉が、急に浮かびましたぞ!
なんのことやらわかりませんが…ちょっと調べてみる価値はあるかも(笑)

e0139012_180496.jpg

2.普通(?)のオブシディアン。卵型。
AG021 H2.5 φ2.0 1,300円

全てを写し出す黒。全てを含む黒。これまでの自分を見つめなおし、今後に生かすための心の鏡。それがオブシディアンの黒。

そう…

カルマって決して過去だけのものじゃない、過去-現在-未来ってつながっていく。つなげていく。それが生きるってこと。過去世でのやり残しのカルマがあるからこそ、現世があるわけで。カルマ無くなったら「ご苦労さん!」って話で、あちらの世界からお呼びがかかってしまう…ともいえます(笑)。

人は、何か行動するたびにカルマが発生し、そのカルマを解消するために、また行動する。その繰り返し。キリがないのです。そして「良い」カルマとするも、「悪い」カルマとするも、私たちの意識次第なのですよね。

「良い」か「悪い」か、その判断は神様?宇宙?にゆだねるとして…

ど~せ、どのみちカルマが発生するのなら、せめて私の「思い」や「行動」が、私の大切な人達にとって、私にとって、人々にとって、地球にとって、宇宙にとって、「良き」カルマとなりますように、ただただ切に願わずにはいられない。

e0139012_17554125.jpg


By Kuniko
[PR]
by bon--voyage | 2009-08-22 18:08 |
10周年記念イベントでは、これまでの私の経歴を生かし(?)、フラワーエッセンスと石についてお話させていただきました。

私Kunikoの経歴といいますと…

Tianでお世話になる前は、フラワーエッセンスの輸入代理店(ネイチャー・ワールドさん)でお世話になっていました。なので、ネイチャー・ワールドさんで取り扱っている1,300種類ほど(当時)のエッセンスについては、ほとんどご説明・ご紹介できると思います。さすがに、全部飲んでみたわけではありませんが(笑)、各メーカーの代表的なエッセンスはもちろん自分で試していますし、プロデューサーさんとも生でお会いしているので、それぞれのメーカーやエッセンスの特徴なども自分の体験でお話できると思います。

またネイチャーワールドさんで取り扱っていないエッセンスも結構試してますので(ただの「エッセンスおたく」です)、それ以外のエッセンスでも興味のある方は、お気軽にお声をかけてくださいね。私は基本的に金土日にお店にいます。が、エッセンス語り出すと止まらなくなるし、アツ~い006.gifので、お時間に余裕を見ていただいたほうがいいかも(汗)

でっ!

イベントの時は、「変化の時を楽しく乗り切るための石とエッセンス」というテーマでしたので、「変容」といえば、まずこれ!っという程人気のあるエッセンス、ヒマラヤン・エンハンサー「グラガ」「ニジャラ」などをお話させていただきました。

が、な~ぜか…一番反響が大きかったのが…

パシフィック・エッセンスの「アバンダンス・エッセンス」

e0139012_15465999.jpg


1日目のワークショップが終わった後、「あの”お金持ちエッセンス”気になるな~」という方が、続出だったんです~

はて?私、そんなネーミングしたっけ?

「アバンダンス・エッセンス」は、”豊かさ”のエッセンスです。
”豊かさ”といっても人それぞれ。「アバンダンス・エッセンス」は、その人にとっての本当の豊かさというものに気づかせてくれる、とってもパワフルなエッセンス。

もちろん、現実的な話、”お金”も”豊かさ”の一つであるわけです。

で、翌日のワークショップでは、「アバンダンス・エッセンス」にフォーカスした内容に変更してお話をさせていただいた次第です。(「アバンダンス・エッセンス」にまつわるストーリーを話し出したら、そりゃーもう、1時間なんかじゃとても話せないくらい沢山あるんです。)

*********

ここでは、イベント後のTianでの出来事をご紹介。

イベントの2日目は、ご来場いただいた皆さんに「アバンダンス・エッセンス」を飲んでいただいたのです。(その中には、オーナーやTianスタッフも、含まれておりました。)

ピンと来たお客様が、会場で「アバンダンス・エッセンス」をお買上くださったり、「アバンダンス・プログラム」(プログラムについては後述)のご注文をお受けしたりしておりました。

イベントで皆さんに試していただいたエッセンスは、蓋があいているので売り物になりませんから、Sampleとしてお試しいただけるように、私が店頭に置いておいておいたんです。

そして、スタッフのNonちゃんが、ダンナ様のけいかさんと一緒にお店に立ち寄ってくれたある日…

Nonちゃん「けいかが、アバンダンス・エッセンス飲んでみたいっていうんだけど…」
Kuniko  「あ! 店頭サンプルがあるから、飲んでみて!!」

(サンプルのところに行って…)

Kuniko  「…あれ、おかしいな?アバンダンスだけ無い…」
オーナー 「あ、私、持って帰った!029.gif
一同    「え”~(笑)」

聞けばオーナー、イベントで「アバンダンス・エッセンス」を試飲した後、予期せぬ臨時収入があったらしい…そりゃー飲み続けたくもなるわ…それにしても、結果が速いな~(笑)

その後も「アバンダンス・エッセンス」に関しては、ご注文やお問合せが増えておりますので、少々在庫も置くことにいたしました。気になる方がいらっしゃったらお問合せくださいね。

また…

「アバンダンス・エッセンス」の効果をより実感できる、「22日間のアバンダンス・プログラム」というのがあります!22日間、エッセンスを飲み続けながら、日々30分程度のエクササイズをして、自分の中の本当の豊かさを見つめていきます。

自分の中にあるいらなくなった「ルール」(思い込み)を紙に書き出して燃やしたり、瞑想をしたり、部屋の片付けをしてみたり…とても楽しく、そして、とてつもなくパワフルなプログラムです。いまはやりの言葉でいえば「引き寄せの法則」実践版みたいなもんです。

プログラムの後半には、「自分に必要な石を探す」というテーマの日があります。
私がかつて、プログラムをしていた時、選んだ石は「シトリン」でした(ベタですね…)
まぁ…皆さんが「シトリン」だとは思いませんが、Tianにはシトリンだけでも沢山種類がありますよ。
(毎度写真がイケてなくて、すみません)

e0139012_19292123.jpg


1.ブラジル産シトリン(カシードラル) TDN08-002 16,900円
2.アフリカ産シトリン MCA089 700円
3.コンゴ産シトリン T09-083 4,500円
4.ブラジル産シトリン(タンブル) T334 1,680円
5.メキシコ産シトリン MDA-044 1,100円

「アバンダンス・プログラム」にトライしている方(そうでない方ももちろんですが)、石の日には是非Tianに来て、貴方にとっての”豊かさ”の石、探してみてくださいねっ!!

それから…

☆アバンダンス関連情報その1

もうすぐ「アバンダンス・エッセンス」を作っているカナダ人女性サビーナ・ペティットさんが来日します。毎年彼女は、9月に来日してワークショップを開催しています。(ネイチャーワールド主催)
彼女のエッセンス同様、とってもパワフルでチャーミングな方です。
私の印象は…”大阪のおばちゃん”な(笑)感じ。

ワークショップに興味のある方は、Tianでもパンフレットをお渡しできますので、お問い合わせください。

☆アバンダンス関連情報その2

「豊かさ」のエッセンスは、パシフック・エッセンスだけでなく、他のメーカーからも出ていますよ。
ブッシュエッセンスの「アバンド」、アラスカエッセンスの「ゴークリエイト」など、いろいろありますので、気になる方はご相談ください!

By Kuniko
[PR]
by bon--voyage | 2009-08-16 19:48 | その他
・・・と、大好きなエリック・サティの曲のタイトルを拝借してしまうくらいには暑さにやられてしまっている今日、皆様はいかがお過ごしですか?

今回ご紹介するのは、アリゾナ産のキュプライト。
業者さんのところでは手のひらに収まらないほど大きななプレートなども置いてある中から、手ごろな大きさのものをセレクトしてきました。その中から三点。

e0139012_1939459.jpg


ほら、ニンジンみたい(笑)
大地にしっかりと根を伸ばして育ってゆく、ニンジン・・・ですが、掘り出してそのまま数日・・・ふとみるとちょっと萎びちゃったかな、というような感じ。
でも栄養分はたっぷり濃縮されているのです。切干ニンジンにして戴きましょう011.gif甘みが増して美味しいですよ。

e0139012_18355273.jpg

こちらはバランスよく模様が出るように仕立てられたカボション。
熱く熱せられた大地と空の間に鬱蒼とした森が見えるような感じ。そこにはありとあらゆる生命が育まれ、生き、死んでゆく・・・命が連なってゆく豊かな森を感じさせます。

e0139012_19555962.jpg


a:10.7*3.9*0.3cm 9,800円
b:3.9*2.4*0.3cm 7,500円 SOLD
c:5.3*1.6*0.6cm 13,000円

キュプライトを見ると、このニンジンではないけれど(笑)"食べる"ということを思います。人の肉体を形作り、保つのに欠かすことのできないこと。生命を繋ぐということ。"生きる"ということをシンプルに感じるような、そして生存本能を刺激される、裸足で土の上に立つ力強さを感じる石たちです。

nozomi
[PR]
by bon--voyage | 2009-08-13 20:03 |
先ほどHPにアップした「オーナーセレクト」のフローライト&カルサイト。
インフォメーションに単純に、フローライトとカルサイトをアップしました、
と書き込めばいいのですが、そこはあれです、そう書くと

「なんだ~、またTianのオーナーの好きなフロ・カル~」

と、元スタッフを含めて何となく冷たい視線を感じてしまいそうで(爆)

それは冗談ですが、今回のフロ・カルは撮影とページ作成をしてくれた
NONちゃんと共に褒め称えていたくらい、フローライトとカルサイトが
好きな人達にはたまらん(ジュルッ)石たちなのです。

なので、「オーナーの魂こめた・・・」とか、「オーナー・LOVEの・・・」とか
候補はいくつかありましたが(笑)、特別なフロ・カルということをお知らせ
したく「セレクト」という文字を入れさせていただきました。

ところで、今回のモロッコ産のフローライトたちですが、このグリーンとも
ブルーともいえない色合いは、私が買いつけしていた中ではモロッコでは
お初です。
e0139012_21383376.jpg

結晶の真ん中あたりにはイエローが混ざっていて、そのせいか写真に
撮ると紫色に写ってしまうという不思議な石。
NONちゃんが撮影に相当苦労していました。

出来る限り実物に近い色の写真を選びましたが、この見る角度によって
また光源によって微妙に変わる色合いが生のままお届けできないのが
悔しいです。

でも、HPの写真もかなりきれいに、そして特徴を捉えて撮れていますので
あとは皆さんの直感でお選びくださいね。

グリーンの地色に青いバンディングが入っていて、その向こうにイエロー
が垣間見れるフローライトなんて素敵でしょ!?
同じブルーでもイリノイ産から比べると、あそこまで凛として気高い感じで
なく、親しみがあっていつでも一緒に生きていってくれそうな、考えが煮詰ま
ったり、心の整理がつかない時にも話を聞いてくれそうなカジュアルな
雰囲気がまた良いですよ。
お値段も、イリノイに負けないくらいのキレイな色でこの価格帯。

その他にも、「なんて素敵なパープルのカルセドニー~~~」だと思って
手に取ったら、あ~ら、房状に結晶なんてするんだーという驚きのミャンマー
産のパープル・フローライト。
e0139012_21391837.jpg

透明に中が透けて見える部分は特にオススメのポイントで、見ていると中に
引き込まれていきそうです。

それから、ダルネゴルスクの無色透明なフローライト・クラスターは、
「よっこいしょ、やっと君達に会えたね。それでは、地球の本当の歴史を
教えてあげよう」って囁いている小人のおじさんに思えるのは私だけ?
・・・・・ですよね。
e0139012_2140122.jpg


そんな、嫁(婿)に出すのも楽しみな新着石のご紹介でした。
[PR]
by bon--voyage | 2009-08-12 21:42
今日は、野口さんの店内数秘鑑定の日です。
店内は野口さんの明るい活発なエネルギーに満たされています。
セミも結構な勢いで鳴いてます。

暦の上では、既にもう秋。
残暑お見舞い申し上げます。

e0139012_1633352.jpg


さてさて…

本日は来週アップ予定の石のご紹介です。

ホームページでの通販を主にご利用いただいておりますお客さまっ!
大変お待たせいたしました。「フローライト」でございますよっ!

e0139012_16333514.jpg

↑ミャンマー産のフローライト

ティアンといえば「フローライト」と思っておられるお客さまも、多いのでは?(笑)
厳選された仕入のうち、HP用には更に厳選してご紹介する予定ですので、楽しみになさってくださいませね。

仕入の際のエピソードについてはこちらをご覧ください。

私にとってフローライトは「とても素直で優しい石」という印象です。

と、いうのは、石の意味って、いろいろな人がいろいろな感じ方をしていろいろな表現をするけれど、フローライトに関しては、割と見解が一致してるというか、言葉の表現方法は多少違っても、皆同じように感じるようです。エネルギー的にとてもわかりやすいってことなんじゃないかな?

私の言葉で表現するとすれば「おしゃべりなマインドをしずめる」石。

e0139012_16365294.jpg

↑モロッコ産のフローライト

フラワーエッセンスでいうと、「ホワイトチェスナット」。
e0139012_16372284.jpg

「バッチフラワーカード」より

ぐるぐると考え事や雑念がまわってしまって、なかなか集中できないときや、眠れないときにオススメ。
左脳派の方、理論先行型の方、頭を使うお仕事の方が、バランスをとりもどすのにいいです。(パープル、グリーン系)

私も左脳派人間ですので、大変よくお世話になっています。
「クリスタル・ヒーリング」受けたら、たいていオデコにのっけられちゃいます(笑)

石やフラワーエッセンスもよく「直感で選ぶのがよい」とされますね。
私も「どの石が私にあってますか?」「どういう選び方したらいいですか?」という、ご質問にはお客様にはそのようにお答えしております。

が、どーしても「意味」から入る方、おられます。
いいんですよ、いいんです、それはそれで。

オススメはあくまでオススメであって、「意味」から入ることを否定するものではありません。
「意味づけ」や「言葉」で石と接するのも一つの方法です。「直感」と「意味」と、どっちが良いという優劣の問題ではないんです。

結局は、「直感」から入ろうと、「意味」から入ろうと、その人個人個人にあったベストな形で気づき(癒し)というものは、起こるのです、確実にね。

そこんとこ「トラスト」していきましょう。

e0139012_16382447.jpg

↑ダルネゴルクス産フローライト

マインドをしずめる石というと、アメシストもあります。
「アメシスト」と「フローライト」の違いは…

うーんと…

たとえば、頭の中のいろんな思いが渋滞を起こしているとして、

フローライトは、「交通整理」(すっきりする)をしてくれる感じで、
アメシストは、「道幅を拡張」(ゆるめる)って、感じ。

伝わっているかしらん…(笑)

e0139012_163957.jpg

↑モロッコ産フローライト


「渋滞」といいますと、世間ではボチボチ帰省ラッシュがはじまっているようです。

いいですね~!
「盆暮れ正月」くらいは一族で集まりたい。
美しい日本の伝統です。

特にお盆は、肉体のある私たちだけでなく、あちらの世界からも、ご先祖様たちが遊びにいらっしゃる時期ですからね(笑)
帰省ラッシュは現実的で大変だけど、やっぱりご先祖様への「感謝」を一族揃ってお伝えしたいです。

と、いいながら東京生まれ東京育ちの私は、帰省する田舎もなく(羨ましいです、田舎のある方が)…

心の中で「ヴァーチャル墓参り」しよっと!
(そーゆー場合、何の石を使うといいのかな?いろいろ試してみますね。)

By Kuniko
[PR]
by bon--voyage | 2009-08-09 16:53 |

豊かさのために

先日、今回のジュエル・オブ・アルケミストのブレスレットとのちょっと
面白い出会い方があったのでご紹介してみます。

以前にオリジナル・ブレスレットをこのブログで写真入りで紹介したこと
がありますが、そのブレスの持ち主のお友達が「自分にもオリジナル
ブレスが欲しい!」ということで、お二人でご来店されました。

ブレスに使う石を決めようとしたところ、店頭に置いてあるジュエル・オブ
・アルケミストのハトホルのブレスが彼女の眼に止まりました。↓
e0139012_16422124.jpg

このブレスの説明して、音妃さんのメッセージを読んでいただきましたが、
「やはり今日はオリジナル・ブレスで」というこで、そのまま石を選びブレス
を作り始めました。

石の組み合わせをしながら作っていると、日本の昔の背景が感じられてきて、
また彼女が呉服問屋か呉服屋に嫁いだ過去世や、物質的にも恵まれ、
ご主人にも大切にされていた人生だったことがわかってきました。

ただ、その人生でも、そして現在でも周りよりずっと恵まれているのに、それを
実感し喜べない自分がいるのです。

そしてなんと、ブレスを作っている間二人は、ずっと着物の話をしているのが聞
こえてきました。彼女は着物が大好きで、彼女の年代にしてたくさんの着物を
お持ちな上、大の歌舞伎好き。
歌舞伎に美しいお着物姿で観覧されるのが長年のご趣味だとか。

今までの彼女は、この過去世にリンクした人生を送ってきていたのは明らかで、
今この作っているブレスもこのままの組み合わせではいけない、と思い、金の
パーツをたくさん入れて調整してみました。

さて、いざ出来上がり試着しようと彼女の腕にブレスを回すと、
                「パーン!」
といきなり、ビーズが飛んでバラバラに・・・・・。
一同、一瞬あ然と固まる、固まる。私が一番、固まっていたかな(笑)

「これはやはり、このブレスではなくてエジプトのブレスなのでは?」
ということになり調べてみると、”その通り!”と答えが。
では一体この中のどのブレスが必要なのかと見ていくと、最初に眼についた
ハトホルでないもう一つのハトホルのブレスが選ばれました。↓
e0139012_16454666.jpg

すごかったのは、このハトホル・ブレスに使われているビーズ全てが、オリジ
ナル・ブレスを作る時に必要とされていたビーズと一致していたこと。

きっと最初のハトホルは、連れてきたお友達が作ったブレスと同じビーズを使って
いて、それで眼に入ってきたらしいので、呼び水として働いてくれたのでしょうね。

そして、音妃さんのメッセージを見ると、なんとブレスを作っていた時
とそっくりの「豊かさを肉体を通して経験し、豊かであることを受け入れる」
というメッセージでした。

このメッセージを読んで、また私の説明を聞いていた彼女の眼には、真実の
自分を受け入れる準備ができていることが読み取れました。
わかっていたけど、それに向かい合い、受け取ることをするタイミングが取れなか
った自分を超えて、新しいステージの自分へと歩んでいく、その始まりの時。

そんな彼女を支えてくれるのが、ハトホルのブレスなんですね。
オリジナル・ブレスを作っていた時に「探していたものが見つかる」というメッセージ
も届いていたので、きっと過去に見つけられなかった本当の豊かさが手に入るの
かもしれませんね。

by オーナー
[PR]
by bon--voyage | 2009-08-05 16:48
e0139012_21592261.jpg

「2」は対立する数なのだけど、同時に対立がなくなると困って
しまうのが私たち人間。

だって、対比や対立、対象となる存在がいないと、調和しようって
気が起こらなくなる。
私たち人間の人生って、相手あっての、敵あっての人生。

どうにかして、自分と違う考え方や方向を持つ存在と渡り合って
体調を崩しながらも、心に傷をつけ合ったりしながらも、何とか
分かり合おうと奮闘する。

その行為の中で、相手を嫌いながら、批判しながらも、誰もが
心の中で「この相手と平和な状態になろう」って、調和が取れる
状態を手探り状態。

私たちの体も2つに分かれている。
脳、耳、眼、腕、足、肺、子宮の卵巣などなど、対称になっている
部分が多い。
私たちの体も、常に両方の調和をとろうと努力させられるってこと。

その対になっている肉体の中でも、眼は特に「自分」と「外の世界」
を繋げる役目をしている。
あ~、ここにも「自分」と「その他のもの」という対象性が存在して
いる。いつも気がつくと、2つのものに分かれている私たちの世界。

さてさて、果たして両方の眼は本当に真実の世界を見ているの
だろうか?
この世には直線なんて実は存在しないという。
なのに直線を知覚している、私たちの眼。

自分と他人は実は点対称で逆さまになっているというのに、
私たちの眼には自分と同じ地平線の上に全てが存在しているように
見えている。

精神世界では、距離なんて存在しないとされているのに、眼には
相変わらず奥行きのある風景が飛び込んでくる。
e0139012_220699.jpg

このサーペントアイ・オブシディアンを2つ手のひらに乗せて眺めている
と、このヘビの眼を通して、アダムとイヴが分離してしまう前の調和を
垣間見ることができる気がしてくる。

イヴにリンゴを食べるように仕向けたのがヘビ。
それにより、アダムとイヴは楽園を追われるため、ヘビに邪悪な存在
のイメージが持たされてしまうけど、ヘビの誘いがなければ結局人間
は、対立する世界から貴重なレッスンを学び取るチャンスもなく、永遠
のぬるま湯に浸かることになる。

ヘビは自分自身をこの2分離の世界にわざと下落させた「叡智」の化身。
その叡智はあなたの中に眠るヘビ。
眠っているヘビを揺り起こし、その眼を開かせて、あなたの分離の前の
根源にあった調和をしっかりと見せてもらおう。

あなたの心が求める自分の根源は、どんな世界なのだろう?
きっと、今自分が思い描いている世界観とは全く違うものなのではない
だろうか?
それを覗くために、サーペントアイ・オブシディアンはペアーで使って
ほしい石。

まずは手のひらに乗せて、そのヘビの眼が誘う旅に身を任せてみたい。
きっとそこに自分のルーツを感じ取れるはずだから。
e0139012_21584640.jpg

By オーナー
[PR]
by bon--voyage | 2009-08-04 21:53