Crystal Tellerとは、石のストーリーテラー(物語を語る人)」のこと.Tianスタッフが石を語る!新着の石、注目の石、その他石にまつわる様々なストーリーをお届けします♪


by bon--voyage
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

皆様昨日の日蝕は体感されましたか?
関東でも見ることができたようですね。
曇り空がちょうどいいフィルターとなって、裸眼でも観察することができたとお客様から聞きました。
今でこそ、日蝕の仕組みは誰にも知られていることだけれど、それでも太陽が中天に懸かったまま欠けてゆくのを見るのは心揺さぶられるものがありますね。

今回は新着の石のご紹介です。

アフガニスタン産のラピスラズリ。
手の中にしっくり納まる大きさのハートが入荷しました。

e0139012_14363633.jpg


この鉱石に触れていると、昔近くの山の上まで車を走らせて天の川を見たときのことを思い出しました。
その時の、圧倒され自分が小さく小さくなってゆくのを感じながら、夜露の落ちる音さえ聞こえるかと思われるような静寂の中で、声も無く見上げていたことを、今もよく覚えています。

e0139012_1424596.jpg


その時に感じた、天まで見透かせるような透き通った意識を思い出す道筋を、このラピスラズリのハートたちは示唆してくれているように感じます。
子供の頃には言葉にはできなくとも確かに記憶していた賢者の叡智。
それを大人になった今、望むならば掘り起こすことができる。
自分のやり方で表現することができる。
そう、感じるのです。

e0139012_1425962.jpg


TIANJ-107a 4.3*5.0*1.8cm ¥6,500 SOLD
TIANJ-107b 3.1*3.5*0.8cm ¥2,400 SOLD
TIANJ-107c 3.5*4.2*1.3cm ¥5,980 SOLD
TIANJ-107d 3.7*4.5*1.3cm ¥6,500

昨晩は、わたしたちが見上げる曇天の向こうには変わらず澄み渡った夏の夜空が広がっているのだと、帰り道々考えたりしていたのでした。
今夜もまた曇り空。夏の大三角を見られるのはいつになるかな・・・

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

☆お知らせ2点☆

7月25日(土)、26日(日)はティアン10周年イベントが開催されます!
夜の部のコンサートは満員となってしまいましたが、25日、・26日両日の昼の部は5,000円で入退場自由です。当日思い立って来場されても大丈夫です!盛りだくさんでお待ちしております。
詳しくはこちらをご覧ください。会場はティアン店舗ではなく、馬車道駅すぐの会場となります。

7月25日(土)~31日(金)まで上記のイベント及び夏期休業のため、ティアン店舗はお休みさせていただきます。お電話やメールなどでのお問い合わせのお返事、発送業務など全て停止いたします。8月1日(土)からは通常営業ですのでよろしくお願いいたします。

Nozomi
[PR]
by bon--voyage | 2009-07-23 18:32 |
梅雨明け直後よりも、少しお日様が陰り気味ですが、暑いことには変わりないですね~
22日のお天気がちと心配。11時前後の日蝕時間だけでも、晴れて欲しいですよね。

そして石の撮影泣かせの日々です。金土日の担当の私は、3日間ずっと撮影タイムを狙っていたのですが、お日様が味方してくれませんでした…とほほ

なので石の写真は、ちょっとイマイチで申し訳ないのですが、本日ど~してもご紹介したい石がございまして!!

浜松町のショーにお運びいただいた方はご覧いただいたと思うのですが、今年のツーソンで1キロだけ入荷したものがすぐに売切れてしまっていた、あのサーペンティンオブシディアンが再入荷しております!

オーナー曰く、「何で、サーペンティンって名前?」と思っていたそうです。初めはわからなかったけれど、2つ持ってみると「そーいえばヘビの目にみられている見たい」と思ったそうです。

e0139012_1915521.jpg


サーペンティンっぽいグリーンがかった模様がある石もあります。

茶色がかったベルベットオブシディアンのようでもあり、黒っぽい石も。

私なりに感じてみますと…

「真実の目」といったところでしょうか??

e0139012_19152843.jpg


ヘビというとちょっと苦手だったり、ネガティブなイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、実は日本では古来から、神様のお使いをしてくださるご眷属さまでもあります。

私は昨年、出雲大社の神在祭へお参りさせていただきましたが、前夜に八百万の神々をお迎えする「神迎祭」というのが、出雲大社の稲左の浜というところで執り行われます。そのとき、神様たちは海蛇に乗って海からやって来ます。

キツネさんもそうですが、ヘビさんも神様のお使いなんです。

キツネやヘビというと「祟り」とかいうイメージがあったりしますが、ご眷属さまは神様と人間のお取次ぎをしてくださいますが、神様ではないので「見返り」を必要とするといわれています。

だから、ご眷属さまにお願いをして願いが叶った場合には、必ずお礼をするのがマナー。

人間社会でも同じことです。きちんと「感謝」を形に表さないと、結局はその人に返ってきます。
ご眷属さまの場合も、きちんとお礼をしないとイタズラされちゃうわけです。

だから「祟り」とかいいますが、結局は、不義理な人間の責任なのです。
誰かに何かをお願いして、叶えてもらったら、きちんと「感謝」を形にしてお返しすること。

サーペンティンオブシディアンは「ヘビの目」だけに、カルマ(業)をバッチリバランスさせないと、見返りは自分に来るよってことを教えてくれるんじゃないかな?

e0139012_16582462.jpg


さて…

Tianの10周年イベントまであと一週間を切りました!

私Kunikoも僭越ながら、昼の部の「石とフラワーエッセンスのワークショップ」を担当させていただきます。

私は実は、長く石は好きで身につけてはいましたけど、石の業界に入ったのはほんの最近。その前はフラワーエッセンスの会社に勤めておりました。

石を身につけながら、フラワーエッセンスをガブ飲みしていた私。
そして、もちろん周囲の仲間達も、石好きでフラワーエッセンス好き。

自分の体験が中心ですが、これまで私が石とフラワーエッセンスを合わせて使ってきた体験と、周りの仲間達にシェアしてもらった体験を中心に、お話させていただくことになると思います。

ただ…

私のスタイルとして、実際に来てくださったお客様が必要としている情報をご提供したいので、その日になるまで、実際にどの体験をシェアさせていただくかは…

私にもわかりません(笑)

私はサイキックではないので、時空を飛び越えてその時点のことは、現時点ではわかりませんから、実際に集まっていただいた方のエネルギーを感じて、必要なお話をシェアしていきます。

もちろん、石とエッセンスの準備はしていきますよ。
候補は決まっていますが、どれが選ばれるかは、当日のお楽しみ♪

今のところのテーマは、

「変化の時代を楽しく乗り切るための石とエッセンス」

って、感じです。興味のある方は、是非!!

7月25日(土) 15:00~16:00
7月26日(日) 11:00~12:00

AKIRAさんとか、オーナーとか、なにやらロイヤルな感じですが、私のワークショップは、身近で等身大な内容になると思います。庶民派ですので(笑)

25日のワークショップの後と、お昼休みには個人セッションも承ってます。フラワーエッセンスに関するご質問でしたら、何でもOK!!

皆さんと楽しい時間を過ごせたら、それだけでHAPPYです!

スタッフ一同、皆様のご来場を心よりお待ちしてます。

By Kuniko
[PR]
by bon--voyage | 2009-07-19 19:21 |
この夏の横浜は、みなとみらいで「海のエジプト展」が開催されて
開港150周年と共に注目されています。
皆さんはもう「海エジ」行かれましたか?

私が一番楽しかったのは、香りのコーナー。
ジャスミンやサフラン、乳香、エジプト・ロータスなどのエジプト産の
花のアロマや、儀式にも使われファラオやクレオパトラも愛用したという
「キフィ」、クレオパトラをイメージしたブレンドなどが体験ボックスで香り
を体験できるのです。

それが本当に良い香りで、一瞬にして体の回りのエネルギー・フィールド
に、古代の花のスピリットが語りかけてくるよう、力強い香りが体験できま
すよ。
できるなら、ずっと嗅いでいたかった。幸せ~~~(笑)

さてさてそんなエジプト盛り上がりの中、ヴォイス・アルケミストの音妃さん
とのコラボレーションが8月からはじまります。
今回のコラボは、石のアクセサリーに彼女の声によりテーマ毎のエネルギー
を純粋にそのまま何も加えず足さずにプログラミングしたシリーズ。

そしてシリーズ初は、「エジプトの神々が持つ力」にフォーカスしてみました。
最初に音妃さんがエジプト神の中から、今皆さんの多くが必要としている
テーマのサポートになる神を選びます。

そして、その神に合わせて石のビーズを選び、並び方も決めていきます。
そして最後に、音妃さんの声でエネルギーをプログラミングし定着させていき
ます。

今回は、ブレスレットを12個。
ビーズはマダム・ステマさんも使っているTianのものです。
海外からも仕入れたちょっと変わった石のビーズも入っていますよ。
各ブレスには、それぞれ音妃さんのリーディング・メッセージが付いています。
e0139012_15405454.jpg

↑ラーのブレスレット・私は創造する
「私、太陽神ラーの光は、すべての生命の源です。
あなたは常に自分を浄化し、エネルギーやパワーをスムーズに受け取り、万物に与える
準備が整いました。その光を、ありのまま生きるのです」(ラーのメッセージより一部抜粋)
e0139012_1542690.jpg

↑オシリス&イシスのペアー・ブレスの内のイシス
e0139012_15451170.jpg

↑ハトホル・豊かさの源
e0139012_15455843.jpg

↑ホルス

発売は、8月1日を予定しています。
Tianは10周年記念イベントの後に31日までお休みさせていただきます。
その休み明けにHPでもアップになりますのでお楽しみに。

そうそう、10周年イベントには、前スタッフのOkuちゃん、Hidaちゃんも
来ますよ。
Okuちゃんは赤ちゃんがいるので、ワークなどに参加できないため、両日の
お昼休みに来る予定です。

Okuちゃんたちに会いたい方は、この時間帯にいらしてくださいね。
[PR]
by bon--voyage | 2009-07-18 15:55

ガーデンクォーツ

暑いですね~!ムシムシしますね…
言葉にしてしまうと、余計に暑く感じますが(笑)

夏至を過ぎ、本当に太陽のエネルギーってすごいなと実感。
気温は、地表が温まってから上がっていくので(小学校の理科で習いましたね)、最高気温を記録するのはもう少し後になるんですよね。

私(Kuniko)は、先週屋久島へ行ってまいりました。
「一年に35日雨が降る」といわれるほど雨の多い屋久島、しかも梅雨シーズンだというのに、滞在期間4日間、一滴も雨ふらず。観光にはありがたいのですが、雨の屋久島も経験してみたい、ナイモノねだりです。

それにしても、「晴れ女」にも程があります。
おかげさまで、この年でありえないくらい焼けてしまいました。
昔から「年齢不詳」といわれ続けてまいりましたが、いよいよ「国籍不明」にもなってきました(汗)

鼻の頭の皮まで向けて、オーナーに
「子供みたい」
と笑われてしまいました。

とても健康的な感じであることは、確かです。

皆さん、とにかく体を大切に、夏を乗り切っていきましょ~!

でっ!

本日は「ザ・癒し」の石、ガーデンクォーツのご紹介です。
e0139012_1830505.jpg

正直、まだ石に興味を持ち始めたばかりの頃は、ちょっと苦手でした。
キレイキレイな石ばっかりを集めてましたから。

でも、石の魅力に深く接していくと、この自然の含有物がなんとも美しいと感じられるようになっていきました。ぐいぐい引き込まれていきます。
e0139012_18312066.jpg

ひとつとして同じものがない。
e0139012_18343786.jpg

見つめていると、このひとつひとつが小宇宙。
e0139012_1834561.jpg

ひとつひとつが完璧に美しい。


先日のミネラルショーでもTianのブースに訪れる女性達に、とても人気がありました。
見ているだけであきません。

オフィスのデスクにひとつ置いてあげると、仕事の合間に「ホッ」とするのではないかしら。ドキュメント類の錘にいかがですか?

写真でご紹介した石は、どれもブラジル産。
店頭にございますので、メールでお問合せください。

暑くなり始めた今日この頃、この箱庭のようなガーデンクォーツで、しばし涼感を味わうなんて、石通さんにはとてもオススメ
e0139012_18324739.jpg


By Kuniko
[PR]
by bon--voyage | 2009-07-14 18:48 |
今日はティアンのお店はお休みですが、ちょっと書こうと思っていることがあったのでブログを更新してみます。

先日、野口さんの数秘セッションを受けました。
数って何だろう?
数がどのように人の運命に影響しているんだろう?
オーナーからかなりはっきり的確にリーディングされると聞いていたので、内心どきどきしながらお願いしました。

まず野口さんに指摘されたのは誕生数について。
雑誌かなにかで、誕生数だけは以前調べたことがあって、その時の結果には正直??でした。
でもその違和感そのものが、その数の特徴だそうで、最初から直球で思い込みを破られました。
それからは"心当たりある・・・!"の連続で、こんなにも"数"によって自分の性格や今まで生きてきた、さらには、過去生から引き継いできた色々、未来の可能性までがあきらかにされるのかと大きな驚きでした。
なんというか、悔しいくらい(笑)

自分の中に潜在するものを露わにすることは怖いこともあります。
けれども、逆に敢えてそれを一度素手で掴み触れることによって、自分の現在の意図と照らし合わせ、そして本当は自分がどう在りたいか、どう在ろうとしているのかを再確認する。
そういうことをしてみたいと思っている方にはこの数秘のセッションをおすすめします。

"数"も宇宙の理の数多ある表現の一つであることを改めて実感しました。
それに為す術もなく囚われるのか、それとも御してゆくのかはその人次第。

運命に沿わす生き様、それに抗おうとする生き様、宇宙の流れの中でどのように自分が在るのかをあきらかにするこのセッション。
ご興味あるかたは是非、野口さんの、まさに"おかあさん"のような大きな包容力に触れてみてくださいね。

nozomi
[PR]
by bon--voyage | 2009-07-13 00:00

ワンダー・ワンド

e0139012_20201962.jpg

Tianでも特に女性のお客様に人気のセレナイト・ワンドがあります。
先日もNHKのワンダー・ワンダーで再放送になっていた「巨大結晶
洞窟」http://www.nhk.or.jp/wonder/program/1/index.html
でも紹介されたメキシコのチワワ州にあるナイカ鉱山産のセレナイト
と同じものです。

チワワ産の石と言うと、犬のチワワを思い出して 「うふっ」 と笑われる
方も多いのですが、犬のチワワはこの州出身なのでその名前がつい
ているのですよ~。
そして、メキシコ本土に行くと涙が出るほど可愛いチワワが、涙が止まら
ない位の素敵なお値段で分けてもらえます。

余談はさておいて(笑)、あの巨大結晶洞窟のウルウルした結晶は本当に
素晴らしかったですね~。
画面を見ながら、「あ~、う~、ほしい~~~」と悶えていたのは私だけ
ではないはず(笑)

その同じセレナイトでも、ウルウル透明感はそのままに、手の内に
すっぽりと収まるサイズのセレナイト・ワンド。
大きさもいろいろで、12,3センチのものから写真の25センチ位のもの
まで揃っています。

先日もオリジナル・ブレスレットを頼まれたお客様で、少しキネシの反応
が出にくい方がいらっしゃいました。
緊張も見られたので、通常やっている気の整え方の他にこのセレナイト
ワンドでオーラ・フィールドをお掃除するように頭頂から足元にかけて
一気に撫で下ろしていくと、あ~ら不思議。

あっという間に、胸からお腹にかけてあった緊張がなくなり、姿勢まで
きれいに変わりました。(効果は人によって変わります。またこのコメント
はあくまで主観に基づくものです)

セレナイト・ワンドでクレンジング(浄化)すると、体に溜まった緊張感や
不安の感覚がなくなるのが、私が経験した中で一番の効果かも。
なので、日々の電磁波の影響や人の想念やら場のエネルギーなどで
自分のオーラ・フィールドが疲れてしまったと感じやすい方は、こまめに
クレンジングするのがオススメです。

プロテクションには、スペキュラー・ヘマタイトというミシガン州でのみ
採れるキラキラのスパークル状のヘマタイトがオススメ。
この石でしっかりと自分と自分以外の存在やエネルギーを分けて、
そして余計な自分でないものはセレナイト・ワンドで取り除く。

プロテクションには、現代人の生活環境や、時代の流れや、私たちが
経験している変化を考えると、オーソドックスなヘマタイトよりスペキュラー
の方が合っていると思います。
e0139012_2024246.jpg

Tianでは、このスペキュラー・ヘマタイトとセレナイトの組み合わせは

「自分本来の居場所をスピーディーに見つけられるスペキュラー・ヘマ
タイトと、あなたを守護する存在の導きにアクセスし易くするセレナイト
を一緒に持つことで、あなたの天職を見い出せる組み合わせ」

としても紹介しています。
ワンドと共にいつも用意しておくのも、またセレナイトのタンブルと一緒に
持ち歩くのも、ご自身の直感でより合うほうを決められてみてください。
[PR]
by bon--voyage | 2009-07-10 20:29

こんな石たちも出ます

いよいよ明日から始まるミネラル・ザ・ワールドに出展する石のご紹介第4弾です。

ミャンマーや中国の鉱物を主に扱っている東ヨーロッパのディーラーさん
のところで、この不思議な色合いや形に魅かれて購入したもの。
カルセドニーとばかり思っていたら、なんとフローライトでありました。

ミャンマー産のフローライト

e0139012_18572612.jpg


一つの鉱山で数年に一度しか、それもほんの一塊しか見つからないという
AAAクラスのロードクロサイトの見事なクレムゾン・ピンク。

アルゼンチン産のロードクロサイト

e0139012_1858312.jpg


アメジストのジオードになっているところをうまく残して丸球にしたもの。
普通はこのアメジストの結晶している部分がもっと小さくて短いものが
多い中このアメジストの結晶は、そのままクラスターになりそうなくらい
大きめ。透明感もあって美しい球です。

ブラジル産アメジストのジオード丸玉

e0139012_18582836.jpg


e0139012_18583936.jpg


by オーナー
[PR]
by bon--voyage | 2009-07-02 19:39
一日空いてしまいましたが、今週の土、日に行なわれるミネラル・ザ・ワールドに出展する石のご紹介第3弾です。

今日は面白い鉱物が採れることで有名なロシアはダルネゴルスク産を三点。
既に実物は梱包されてしまったので詳細スペックはご紹介できないのですが、写真で雰囲気をお楽しみください。

最初のふたつはベータクォーツ。

e0139012_1852083.jpg


こちらは少し大きめで手のひらくらいの大きさ。
母岩との接合痕と、中に入り込んだ模様が不思議な感じです。
柱面が無く、写真をご覧の通り角度によっては8面体??のように見えます。
水晶らしからぬ、でも触れるとやっぱり確かに水晶なのでした。

e0139012_1854290.jpg


もうひとつは、指先ほどの大きさのベータクォーツ。
こちらはよく見られるソロバン型の12面体・・・と思って眺めていたら、写真の右の部分、蝕像でしょうか。
削り取られたような部分があります。
それがまた結晶の形を損なうことなく、この水晶の個性となっています。

e0139012_18375599.jpg


三つ目は、カルサイト。
ぱっと箱の中を覗いた時、一瞬水晶かと思った一点。
でもこの光沢といいへき開部分に現われる鮮やかな虹といい、紛れも無くカルサイトですね。
まるで光の塊を手にしているような気分です。

こうして並べてみると、地球が育むものはどうしてこんなに不思議に満ち満ちているのだろうと感じます。
ダルネゴルスクのこの風景も・・・

e0139012_18274276.jpg


あ!先日オーナーが"次回は雰囲気の違う石をご紹介"とのことでしたが、またカルサイトを選んでいました・・・でも同じカルサイトとは思えないほど異なる雰囲気。
ご来場くださる方は、是非それぞれに触れて、楽しまれてくださいね。

Nozomi
[PR]
by bon--voyage | 2009-07-02 18:38