Crystal Tellerとは、石のストーリーテラー(物語を語る人)」のこと.Tianスタッフが石を語る!新着の石、注目の石、その他石にまつわる様々なストーリーをお届けします♪


by bon--voyage
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:石( 210 )

雨の降る冬も近い夜長に・・・
本日掲載したガネーシュヒマール産のクォーツ、
皆様楽しんでくださっているでしょうか☆

今、仕事の合間を縫って、開梱作業中です。
その中からいくつかご紹介。
e0139012_19204554.jpg

上の緑の艶やかな輝きを見せる塊はコンゴ産のマラカイトの結晶。
正に"孔雀"石!というような羽状の結晶です。
見た目はなんだか天鵞絨の手触り?だけれど、もちろん硬いです。

e0139012_19462451.jpg

それからハート型のジャスパー。・・・珪化木?
模様が不思議です。

真ん中あたりにある黒っぽいプレート状の石はラブラドライト。
色々な角度で光を当てると、青色だけでなく、ギラリとオレンジ色やピンク色などが出るのがとても美しいです。上の写真では黒っぽい渋い石にしか見えないのに、その輝きはちょっと衝撃的な驚きをもたらすほどです。

e0139012_1956021.jpg

箱の一番下は、グリーンルチルクォーツ。
こちらもとても渋い雰囲気ですが、緑の針状結晶が水晶の内部を飛び交っている様は、流星群を思い出させてくれます。
そういえばしし座流星群でしたね!・・・ご覧になった方はいらっしゃるのかな。

**
後日聞いたところ、このグリーンルチルと思っていたのはブルートルマリンだそうです!
白熱灯の下で見ていたのでこの水晶がシトリンだということにも気付かず・・・
でもシトリンの黄色にトルマリンの青色ならば、緑色に見えるわね~、と納得。
と、同時にすごい、と改めて思ったのでした。
どなたの元へ届けられるのでしょう・・・今から楽しみです。
**

なんて取り留めなく。
石に触れている時間はとても穏やかに過ぎてゆきます。
皆様の元に届けられるまで、大切にお預かりしています。

産地などの詳細は後ほど。少しずつご紹介していくかと思いますので、楽しみにしていてくださいね。

nozomi
[PR]
by bon--voyage | 2009-11-19 20:03 |
今日の元町は一日雨模様。
銀木犀も香り始めて、少しずつ冬が近づいてきたことを感じるこの頃・・・
オーナーがミュンヘンから持ち帰ってきた石たちの中から、
明日、掲載予定のものをいくつかご紹介します。

素晴らしい磨きの幾何学立体です。
どれもヒマラヤ、ガネーシュヒマール産の水晶を加工したものです。
e0139012_19382770.jpg

大二十面体

こちらはこの一点のみです。
硬いクリスタルから、このような精巧な造形を削り出す職人さんの手を思います。
今日たまたまお店に立ち寄ってくださったお恭さんにお見せしたところ、"いい仕事してるねぇ"と大絶賛された一点です。

e0139012_18123947.jpg

こちらはマカバとも呼ばれている星形二重正四面体。
小さいながら、触れるととても深い響きがあります。
具体的な体感を言葉にすることは少ないけれど、
こちらはとても形そのものの力、を感じます。
今回は三点の入荷です。

それからこちらはガウリシャンカール産のシヴァリンガム形の磨きです。
e0139012_18125629.jpg

手仕上げの柔らかさ、温かみを感じる、マカバと同じ水晶、石英なのにとても優しい雰囲気です。

まだありますが、とりあえず三点のご紹介。
明日の掲載を楽しみにお待ちください☆

nozomi
[PR]
by bon--voyage | 2009-11-11 19:56 |

Kissing crystals

オーナーがミュンヘンに旅立って、二日。
美味しいもの、たくさん食べているかな~とか、早速いい石との出会いはあったかな~とか、色々思いを馳せつつ、今日もお店番です。

ところで、先日ご紹介したヒマラヤ、マニカラン渓谷産のクォーツクラスターの中で、一点、最近とても気になる石があります。
TIAN682e ヒマラヤ産クォーツ・クラスター・5

e0139012_1231325.jpg


想像もつかない高温の熱水の中で育った二つのポイントが、或る場所で出逢う。
そしてそれぞれが完全な結晶形を保ったまま、やがて氷の中で長い眠りに付き、今、掘り出されて多くの人の手を経て此処日本にたどり着いたご縁はとても大事なものと感じます。

e0139012_12313139.jpg


まるで初めての口づけを交わしているかのように、そっと触れ合う二つの結晶。
暖かい部屋で、キャンドルの灯りの中で眺めてみたいような、そんな、物語を感じさせる水晶。
情熱的な出逢いと、想いをそのまま凝らせたような結晶の形は、私自身はいつもはとてもこんなことをを言う柄ではないのだけれど、とてもロマンティック☆です。

nozomi

*****

明日、10月30日(金)~11月2日(月)は都合により誠に勝手ながらティアン店舗を休業させていただきます。
その間、お問合せなどの対応や、発送業務等停止いたしますのでご了承くださいませ。
[PR]
by bon--voyage | 2009-10-29 13:15 |

シュンガイト・ハイ?

今日は秋晴れのとても気持ちの良いお天気でした。

前スタッフのOkuちゃんが、今日はお子様Rくんを連れて遊びに来てくれました。
もう5ヶ月ですって~!早いものですね~!!

これまで遠出のときにはダンナ様の車でのお出かけだったそうなのですが、今日は初めての母子2人での遠出。電車の中では、Okuちゃんの母親としてのちょっとした”レッスン”もあったようです。お子様の成長とともに、親も成長していくんですね~

「最近の子は、親より大人な感じだよねっ」(← 一同、納得…笑)

*****

さてさて、先月末にHPにシュンガイトをアップいたしましたが、あっという間に嫁いでいきました…
ご予約が重なってしまったりする程の大人気。ありがとうございます!

その後も、お問合せが続いておりまして…スタッフとしては嬉しい悲鳴(笑)
手を真っ黒にしながら、どんだけ写真撮って送ったことか…

お買上くださった皆様、本当にありがとうございます。

2000~3000円台のものを中心に、まだ在庫がございますので、まだシュンガイトを手にしてない方も、リピーター(笑)の方も、お早めにお問合せくださいませね。

e0139012_1882510.jpg


やはりシュンガイトは最近出回り始めたばかりなので、「どんな石?」「どう使ったらいいの?」という質問をよくいただきます。

Tianで持ってるシュンガイト情報は、過去のオーナーブログや、当ブログでもたくさんご紹介してますので、是非参考になさってくださいね!

シュンガイトのお問合せやご注文に接していて、私なりに「面白いな~」と思ったのが、大きい塊(10,000円弱)はもちろんなのですが、なぜか小さなカケラ(1000円台)も一緒に売れていくということ。

大きいものから売れていくのは(金額的な制約はあるものの)、なんとな~く3次元の私達には自然な感じがするんですよ。

では、なぜシュンガイトは、1000円台のもの(2cm前後)も良く売れるのか?

それは…

「ペットボトルの口に入るサイズ」だからです。

シュンガイト活用法として、「シュンガイト水」を作ることをTianではお勧めしています。
そして「どうやって作るの?」というご質問も多く寄せられております。

ま、「エッセンスおたく」の私としては、いろいろ「石の水」を作るには、こだわろうと思えばいくらでもこだわることはできるんですよっ

「クリスタルのボウルに、フレッシュなミネラルウォーターを入れて、石とアチューンメントして、午前中の太陽の光にあてて…」(←王道!)

ちょっと…めんどくさっ(笑)
そういうのがワクワクするし、必要な場合もあるけれど、日常的には正直やってられん話ですわ。

シュンガイトはそんなことしなくても、なんかお水に入れとくだけで、充分な感じなんです。
だから、普段使うお水(例えばペットボトルや浄水器)にコロンと気軽に入れて飲んでみて欲しい!

それから…

まだ実験段階ですけど、個人的にいろいろやってみております。(←好奇心旺盛な水瓶座)

・化粧水(ハーブウォーター)に入れる。
・鉢植えにおいてみる。

この他にも、お客様から寄せられたものですが、

・お風呂に入れる

などもありました。
まさに「第二のブラックトルマリン」(byオーナー)ですな~

e0139012_18155710.jpg


物質的な活用法だけでなく、パワーストーン的にいうと「どうなの?」ってところも気になりますよね?

私なりに春くらいからシュンガイトにフォーカスしている時の自分の意識がどうだったかというと

やはり「生きる喜び=若返り」ってことを教えてくれる石のように感じています。

春にシュンガイトのビーズを手にした時に、しばらくお休みしていたビーズアクセサリーの製作に夢中になったり…

今回エリットが店に入荷し始めて、手を黒くしながら値段のシール張ったり、台帳つけたりしてるときにも「ヘンプのアクセサリー」に没頭しはじめたり…

仕事とかお金とか全然関係なく、誰がどう思うかなんて関係なく、時間忘れて「楽しー♪」っていう気持ちになる。ただただ「作る」という行為に没頭することが、こんなに楽しいなんて…
小さい頃、大好きだったことって、人それぞれだけど、そういうものだったなって、思い出した。

いつまでも若くあるってことは、肉体的物理的には残念ながら限界があるけど、意識の上では無制限。
心から楽しいことをする時間を日々日常の中で見つけていくこと、そういう時間を積み重ねると、どんどん若返ることができるんじゃないかしら?

「これからの人生の中で、一番若いのは”今”!」

って、どっかの誰かがいってたような…

Tianでは、

「私はこんな使い方してるんだ~」
「こんな効果があったよ~」
「私にとっては、こんなことを教えてくれた石だな~」

みたいな、シェアリング報告、お待ちしてます。

すでに、シュンガイトファンになっていただいたお客様とTianスタッフの間ででも、かなり盛り上がっておりますのでっ!

この”盛り上がり感”こそが、楽しくってね~!
これがTianにとっての”シュンガイト効果”かも(笑)

シュンガイトのワークショップも企画中みたいですよ~!

それから…

今回入荷したエリットを加工にもまわす予定みたいです。
スフィアやビーズなどになるのだと思いますが…

シュンガイトエリットは、ぶっかき(塊)のままだと、脆いし手が黒くなるので持ち歩きにはちょっと不便なんですよね…

春の時のビーズはフラーレンの含有量が低いものだったけど、今回はエリット!
お楽しみになさってくださいね!
(私が一番うかれているかもっ=シュンガイト・ハイ疑惑です…)

By Kuniko
[PR]
by bon--voyage | 2009-10-11 18:22 |

日本の石

昨日新着の日本鉱物をホームページにアップいたしました。
新着!日本産鉱物

常々感じることですが、「日本産の石」は、そう多く流通しておりません。
ミネラルショーなどでときどき見かけても、目の玉が飛び出そうなくらいのお値段だったりなんかして(汗)

日本人の考え方として、「石は土地のもの(土地の神様のもの)」という意識が強く、遠くへ持ち出したり、流通させたりする考え方自体が馴染まない場合が多いようですね。ハワイなども同じように、「石を持ちかえるとペレ(ハワイの火の女神)の怒りにふれる」などという言い伝えがあるのは有名な話。

先日屋久島へ旅行に行った時も同様でした。

ある石屋さんを尋ねたら「益久(やく)水晶」という屋久島でとれた水晶が、アクリルケースの中に展示してあり、ライトアップされてクルクル廻ってました(笑)
結構な大きさ20cmくらいのポイントで、相当な透明度のものでしたよ。

※写真を撮らせていただいたのですが「個人的な利用なら…」ということでしたので、ブログには掲載できませんが、悪しからず。

その横に「屋久島の水晶はまだ益久の神のお許しを得ていないので販売しておりません。」と書いてありました。

やっぱり…

なので、少しばかりですが、現在市場で流通している日本産の鉱物というのは、土地の神様のありがたきご配慮によるものということになるので、特に丁重にお取り扱いしたいですねっ!(ま、それは何処産であっても同じか…)

ちなみに私の個人コレクションの中から、日本の石を集めてみたのでちょっとご披露…

e0139012_14565668.jpg


①糸魚川産翡翠のビーズ(with 白檀ビーズ)
②宮崎産の水晶ポイント
③北海道産のロードクロサイト
④山梨産の水晶勾玉(with 屋久杉勾玉)

です。(全て個人所有・非売品)

写真でおわかりいただけるでしょうか~?
なんともいえない日本産ならではの良さがあるんです~!
とにかく優しいです。ホワっとします。

皆様も、是非是非、日本の石のエネルギーを感じてみてくださいませねっ!
お問合せ・ご注文、お待ちしておりまするっ!!
日本産鉱物


石に関わる日本の神様といえば…

e0139012_1457418.jpg

タマノオヤノミコト
(「日本の神様カード」より大野百合子著・ヴィジョナリーカンパニー発行)

岩戸隠れの際に、天の岩戸の前で勾玉をおつくりになった神様です。

私が受取ったメッセージとしては、
「玉磨かざれば光なし」ってことかな?
人のたましいも磨かれて光を放っていくのですね。

また、たましいだけでなく、自分の肉体や持ち物を感謝を持って大切にすることも必要であることをこの神様は教えてくださっておられます。

この業界、わりとスピリチュアルだとか、精神性に偏る傾向がありますが、外側にあるものも内側にあるものも結局は同じことなのですね。持ち物や肉体はその人自身の内面も表します。同じく大切にしていきましょうね。


それから、もうお一方ご紹介(←神様だから”一柱”というべきか?)

e0139012_14584596.jpg

イワナガヒメ
(「日本の神様カード」より大野百合子著・ヴィジョナリーカンパニー発行)

石の神様というか…岩の神様です。

知名度は低い?かもしれません。大変地味で慎ましやかな女神さまですから。
このお方、実はかの有名なコノハナサクヤヒメのお姉さまです。

この女神様が出てくると、私は神話の中でのエピソードを思い出して、ちょっとばかし切なくなります。

コノハナサクヤヒメといえば、天孫降臨でおなじみのニニギノミコトに見初められたサクラや富士山をバックに背負った煌びやかな女神のイメージですよね。

神話の中では(私の記憶が確かならば)…

最初ニニギノミコトは、お姉さまのほうとも結婚するはずだったのですよ。
でも、コノハナさんのあまりの美しさに一目ぼれしちゃって、こともあろうに妹のほうだけを選んだ!

もし、お姉さんのイワナガさんを選んでいたら、イワナガヒメは岩の女神=長寿・永久を司る神ですから、人の命はもうちょっと長かったはずなのに…ニニギノミコトが、サクラの女神を選んじゃったばかりに、人の命ははかなく散るものになった…

という、主旨だったと思います。
はかなく散るからこそ美しいのではあるのですが…

イワナガヒメの気持ちを思うと…女心としては、なんとも切ないのは私だけでしょうか?

e0139012_1503387.jpg

コノハナサクヤヒメ
(「日本の神様カード」より大野百合子著・ヴィジョナリーカンパニー発行)

なんか画像ボケてますね(笑)
ま、本日のスポットライトはイワナガさんなので、よし!

ちなみにイワナガヒメは、グラウンディングの神様でもあるとのことで…

地に足つけていきましょう!

e0139012_1505911.jpg


By Kuniko
[PR]
by bon--voyage | 2009-09-13 15:06 |
今日は2009年9月9日。
重陽の節句でもあり、陽の極みを表す"9"が三つ並ぶ日として、意識している方もいらっしゃるかもしれませんね。
お店の石を眺めていたら、ふとこのアンモナイトを並べてみたくなりました。

e0139012_14191681.jpg


9月のご紹介石用写真を撮影していた時から何かに似ている・・・と思っていたこのアンモナイトの光沢。
そして思い出したのがDVD-Rの記録盤の表面の虹色。
ここで想像が広がってゆきます。
DVDの記録面にそっくりな虹色の輝きを持つこのアンモナイトたちが、もし、地球の何がしかの記憶を記録する媒体として変化していったものなのであったら・・・!
今、此処でこうして触れ合っているわたしたちが得られる情報があるかもしれないなぁなんて思うと、面白くなってきます。

e0139012_14493045.jpg


三重螺旋を意識しつつ。

数というのはわたしたちにとって最も馴染み深い、この世界、宇宙を表現する方法の一つで、それを意識的に使うことによって自分の意思を、発信してゆくこともできるのではないかと思います。
そのサポートの一つとして、今、アンモナイトを使ってみるのも面白いのかな、と思いながら、曇り空から零れる太陽の光を捕まえて、今回は撮影してみました。

e0139012_14372898.jpg


お日様の元ではまた違った輝きを見せてくれます。

オーナーも"ポジティブチェンジの日だね"とのこと。

今日は一日、ひとつでも楽しい!と思うようなことを"一(私)から全(宇宙)"に意識的に発してみては如何でしょう?

nozomi
[PR]
by bon--voyage | 2009-09-09 15:03 |

オーラ強化?!

連日、暑かったり、涼しかったり…皆様、お体の調子はいかがですか?

インフルエンザの流行などもありますね。
お子様のいらっしゃる方などはちょっと心配ですね。

先日は、「生活に活かせる石」のご紹介で「オーラをキレイにする石=セレナイト」をご紹介いたしました。本日は第2弾として、「オーラを強化する」をテーマにしてみようと思います。

e0139012_16503287.jpg


人ごみに出るととても疲れてしまう方、おられませんか?(私がそうなんですが)

また、現代的生活においては電磁派、低周波など、目に見えない体にとってあまり好ましくないものがあり、避けては通れないものになっていますね。

そんな時は、石であれば「ブラック・トルマリン」がとても助けになります。

↓の写真はTianのパソコンのところに置いてあるブラックトルマリンです(現状非売品)

e0139012_1651317.jpg


パソコンとか、電磁波を発するような機器の近くにブラックトルマリンを置いていただくと、体への影響が軽減されるといわれています。私も自宅でもブラックトルマリンは大活躍。元SEですから、当時はオフィスにも置いていました。(当時のオフィスでは石なんて置いといたら怪しまれるので、こっそりお腹のところに当たる引き出しに忍ばせていました…)

Tianのブラックトルマリンは、ちょっとお疲れ気味かな??(笑)
ネガティブな波動を吸い取ってくれるといわれてますので、こまめな浄化をしてあげたほうがいいみたいですよ。ブラックトルマリンの場合、お水が有効みたい。

マイナスイオンを発するということで、数年前、大ブームになりました。マッサージクリームなんかにも混ぜられていたりしました。トルマリンの日本名は「電気石」ですが、「本当にマイナスイオンを発しているか?」については諸説あるようですね…

科学的な分析は科学者の方にお譲りするといたしまして、感覚派の私の個人的意見を述べさせていただきますと…

トルマリンの性質としては、私の感覚では「境界線の明確化」なんです。「オーラの強化」とも通じます。また「ネガティブなものをそらす」といった感じでもあるかもしれません。エネルギー的な表現は、ちょっとわかりにくいですかね、人それぞれなので。

ま、実際使ってみると、格段に体が楽です。

私は、ブラックトルマリンのビーズでブレスレットを作って、電磁波の多い環境にいかざるを得ない時や、人ごみ出るときには活用しています。もう、生活必需品みたいになってます(笑)

でも、ブラックトルマリンは、意外と高価…
Tianの店頭在庫は↓ちっこいタンブルだけです。

e0139012_1654271.jpg


T05-153 5,950円 1.3*2.0*1.3

手っ取り早く「ネガティブなものから身を守りたい」のであれば、フラワーエッセンスもオススメです。

エッセンスの場合(特に飲用タイプは)、まさに内側から「オーラを強化する」という感じ。各メーカーからいろいろ出てますが、私がいろいろ試してみてお勧めなのは…

e0139012_17191959.jpg


①「ヤロー環境フォーミュラ(YES)」FES 飲用/スプレー(各30ml)3,780円 
②「オーラスプレー」PHIコルテ (50ml) スプレー 4,830円
③「ガーディアン」アラスカ 飲用(7.5ml)2,415円 スプレー(60ml) 3,990円

があります。

*エッセンスは在庫を置いておりませんが、ご注文は承っています。

まず…

①FESのヤロー環境フォーミュラ(YES)は、おそらく最強です!
私がフラワーエッセンスを飲み始めてから、おそらく一番飲んでるのはエッセンスはコレではないかと。常時かばんに入っているような一本です。

実は飲用すると、結構ショッパイです。フラワーエッセンスは通常、日本の酒税法の関係で、お塩を混ぜてる場合が殆どなのですが、このエッセンスに関しては、海塩もエッセンスの機能の重要な要素の一つになっています。

このエッセンスは、チェルノブイリ原発事故の頃、放射能から身を守るために開発されたエッセンスですから、そりゃーもう(笑)

放射能だけではなく、例えば健康診断のときのレントゲンの前、飛行機に乗る前のX線検査の前、などにも。

それからそれから、パソコンや携帯電話などの電磁派防止とか、人ごみに出かけなければならないとき(=人の念からの防御)にも、あらゆるネガティブな波動からの防御にお使いいただけます。(ボトル置いとくだけ、持ってるだけでも効果があるように感じます)

これを使っていたら、職場でいつもからんできた苦手な上司が、寄りつかなくなったとか(笑)
「別名、苦手な上司、撃退スプレーだ!」と言ってる人がいました。そんな感じ方する人もいるんですね。

②PHIコルテの「オーラ・スプレー」も秀逸です。

こちらも、開発者のコルテさんが、チェルノブイリ原発事故の後、現地にいって、オーラスプレーを使った前後での放射線量を実測し、効果があったといわれているものです。コルテさんは、同様の実験を日本の東海村の事故現場でも実証したそうです。

これは、なんかもうスプレーした瞬間に「即効性」を感じることができますよ。
「視界が変わる」し、「体に力が入る」ような感覚があったりします。


③アラスカの「ガーディアン」は、フラワーエッセンス初心者さんにオススメ。

飲用タイプは、7.5mlの小さいボトルなので、お値段が手ごろな2,415円です。
また、スプレータイプは、アロマの香りがついていて、使ったときにとっても爽やかです。

こちらのスプレーは店頭サンプルがあるので、ご来店の際は、是非お試しくださいね。

******************************

実は、これらのエッセンスは、ウイルス予防にも効果があるといわれています。
インフルエンザが心配な方にも、有効かも?

尚、エッセンスは臨床的な実績はあるのですが、科学的に効果を実証されたものではありませんし、薬ではありません。感じ方には個人差がありますので、ご了承くださいませね。

石やエッセンスを生活に取り入れて活用してみて、皆さんの生活がより楽しく過ごしやすくなれば、いいなと思います!

By Kuniko
[PR]
by bon--voyage | 2009-09-05 17:24 |

石系女子の新常識?!

このところ暑くなったり、涼しくなったり、体には厳しい日々が続きますね。

少し前までは、ラピスなど涼しげな青い石がよくでていたのですが、このところグリーンとかオレンジあたりの、「健康」「元気」系の石を店頭でお客様が手に取るのをよく拝見します。

そういう私も多少、夏バテ気味です。基本は、食べ物、水分、睡眠、運動などのバランスを心がけるようにしておりますが、それでもしんどい時には、石やフラワーエッセンスの助けを借りながら、ゆるゆると過ごしております(それが一番!)

e0139012_1729061.jpg


本日は、カメラさんが出張中でして…ブログ用に新しい写真がとれないんです(汗)
(天候もイマイチだし)

ついては(過去の写真の使いまわしで恐縮ですが)再度ご紹介したい石達がございます。

それは…

e0139012_17293948.jpg

「セレナイトのワンド&ソープセット」
*画像の現品は、売れてしまった可能性がございます。お問合せの際は、サイズとご予算をお伝えくだされば、在庫の中から確認いたします。

最近は、クリスタルのブレスを気軽にアクセサリー感覚で身につけてくださる方が増えました。おかげさまで、Tianの「自分にあった石で作るオリジナルブレス」も大好評!ありがとうございます。

また、石好きさんの中にも、昔ながらの「鉱物系」の方、スピリチュアルなアプローチをされる「パワーストーン系」の方や、身体にのせる「ヒーリング系」の方、それぞれの感性で、石を身近に感じてくださっているかたが増えてきています。

そこで…

本日は、どんな方にも共通してお楽しみいただける「石を生活の中に取り入れる方法」をご提案させていただきたい!(←時節柄、なぜか選挙口調)

「セレナイトのワンド&ソープセット」は、本当に便利!

まず、セレナイトのワンドは、毎朝お出かけ前にお使いください。

手でワンドを持って身体の回り(10cmくらいのところかな)、全身を撫でるようにします。
1分もあれば充分です。一日が、すっきりとスタートできますよ。

顔を洗ったり、歯を磨いたり、毎朝物理的に体をキレイにするのは当たり前ですね。エネルギーにもこだわりたい石好きの女子は、オーラも毎日磨きたい!セレナイトのワンドは、エネルギー的にオーラフィールドをクレンジングしてくれます。

いや、これ、ほんと、気持ちいいんですよ!
一度、是非お試しくださいませ!

店頭でオススメすると、ほぼ100%、「わ~、ホントだ~」と皆さん実感してくださいます。

e0139012_17383946.jpg


そして、ソープは、毎晩お休み前にお使いください。
夜寝る前、ベッドの上でリラックスしながら、セレナイトソープを握ってみてください。

瞑想なんて、そんな仰々しくしなくていいですから。
ちょっと握って、ボーっと深呼吸を数回してみてください。
「心の石けん」です。一日のモヤモヤを、すっきりと洗い流してくれますよ。

ただただ…感じて欲しいです。この気持ちよさを!!

よく、嫌なことやショックなことがあると、「オーラが曇る」という表現をする方がいらっしゃいますね。私は見えるわけじゃなのでわからないですが…でも、セレナイトを使っていると、「わたしのオーラのくすみ、取れてる?」っていうのが実感できるんです。

あと、嫌なことを思い出せなくなるっていうか…そういう感じがします。

疲れてる時ってその日の嫌なことをわざわざ思い出して反芻しちゃって、また味わって嫌な気分になってしまったりしませんか?人の脳って単純だから、現実に今体験している出来事と、イメージしたり思い出したりしていることの区別が出来ないんですって。

だから、嫌なことを何度も思い出したりすると、またそれを体験してるのと同じことになって、どんどん「オーラ」のレベルでは、曇ってくすんでっちゃうわけで(汗)

セレナイトのソープやワンドで、日々こまめにクレンジングしてると、嫌なこと、思い出そうとしても思い出せなくなってるんですよね。

セレナイトが、嫌なこと、辛いことも「光」に変えてくれてるような、そんな気がします。

エネルギーの浄化、オーラレベルでの浄化の方法は、人それぞれいろいろなやり方があるから、いろいろ試してみるといいと思いますが、私は、いろいろ試した結果、「セレナイト・セット」の活用は、自信を持ってオススメできます。特に「感情レベル」のクレンジングに有効だと思います。

「石系女子の新常識」として、定番にならないかしらん?(笑)
ムダに高価な化粧品なんかより、ずっとステキになれると思いますよ!

もちろん、ワンドだけ、ソープだけ、どちらか自分が続けられそうなほうから、まず取り入れてみるのもいいですね!

あ、それから、男性も使ってください。
みんなで「ピカピカ・オーラ」手に入れましょう!!

By Kuniko
[PR]
by bon--voyage | 2009-08-30 17:46 |
朝晩はだいぶ涼しくなってきましたね。
とても心地よい夜風の吹く宵です。

ティアンの店の奥には、入荷したまま出番を待ちながら眠っている石たちが相当数存在します。
石時間にしてみれば、さしたる長さではないのでしょうが、3年ものとなるとお酒などでは古酒とも呼ばれますね。
店の奥で3年。
そんな、ある意味程よく熟成された(笑)石たちの中からひとつ、ご紹介です。

先日オーナーがどこからともなく出してきたのは2006年に入荷したブラジル産オニキス。
実はわたしもお客時代に(笑)確か新着石として購入していたものです。
これがまた形のユニークさに惹かれて・・・

e0139012_20302650.jpg


当時のスタッフだったokuちゃんが、"カーリングの石みたいだよね"と見せてくれたものを、わたしは"スイッチみたい~!"と一つ入手していたのでした。
その時は、何かをリセットするためのボタン、押しちゃダメだよって言われたら余計押したくなるボタン・・・などと思いながら触れていたのだけれど、今回相当久しぶりに手にしてみると、なんだか印象が違う・・・
何かの"眼"か、有機的なもの・・・よく見ると表面にパイライトらしき細かな金色の粒粒も見えるし、白い模様も今はもっと饒舌に語りかけてきているような。

e0139012_20443393.jpg


今こうしてブログを書いている間も、横からじっと見つめられているような、"意思を持った視線"を感じます。
最近、サーペント・アイ・オブシディアンのように"視点"をキーワードとした石をご紹介することがあるけれども、このオニキスに触れていると、自分の視点、立ち位置をはっきりさせること、を想うのです。

e0139012_2054377.jpg


視点を定めるということは、おのれの意思の立脚点を定めるということ。
想いを現実化しようとするときに、まずそこを、しっかりさせることは大切ですね。
石の意思?自分の意思?(笑)どうか混乱なさいませんように。

この石は9月のご紹介石としてサイトに掲載する予定です。
なので詳細スペックもその時に。
気になる方は、チェックしていてくださいね。

nozomi
[PR]
by bon--voyage | 2009-08-27 20:54 |

オブシディアンたち

暑いですね…今日もセミさんがとても元気です。

セミの声もだんだん変わってきますね。今は「ミーンミーン」と「ジジジジ…」という声が強いですが、もう少しすると「ツクツクホウシ」が出てきます。

8月の頭にサーペント・アイ・オブシディアンをHPにアップしましたが、本当にあっという間にSOLDになりました(ありがとうございます)。まだ店頭には多少在庫がございますので、手に入れてない方はお早めにどうぞ。

今日は、その他各種、Tianのオブシディアン達をご紹介いたしますね。
(画像の中の赤数字は、以下の個別写真のスペックと対応しています)

e0139012_17421929.jpg


私は、どちらかというと石は「身につけて楽しむ派」ですので、服に合わせたりして楽しむことが多いです。あまり黒い服は着ないので、どちらかというと黒い石ってあまり親しんだことがなかったかも。(例外はブラックトルマリンくらいかな?)オブシディアンとか、オニキスとか…「??」って感じでした。好きとか嫌いとかでなく「眼中にない」っていうのかな?いわゆる「アウト・オブ・眼中」(←うっ…懐かしい言い回し、今使いませんね)ってやつで。

でも、なぜか「クリスタル・ヒーリング」のクラスの時に、一番最初に選んだ石は、「レインボー・オブシディアン」で、石の瞑想をしたとき、石の中に入ってしまったかのように同調し、とっても心地よくなったのを覚えています。特に石から得たメッセージというのはなくて、ただただ言葉のない石の世界にいってしまった感覚でした。

その時、講師の方からいただいたメッセージは「感情のマスター」でした。オブシディアンは強い石だけど「レインボー・オブシディアン」は、優しい。虹は全ての光を含むから。この石を選ぶ人は、現世においても過去世においても様々な感情体験を経てきている…と(かもしれない…)

それからです、私とオブシディアンとのおつきあいがはじまったのは。

それにしてもTianに来て、こんなにいろんな種類のオブシディアンに出会えるなんて!
オーナーのダンナ様ペドロさんがメキシコ人なので、メキシコの業者さんから、いろいろなオブシディアンが入荷してきます。

私も先日、ようやくいろいろな種類を買わせていただいて、ワークし始めたばかりなのですが、オブシディアンというと「カルマの解消」がテーマのように思います。

「カルマ」っていうと、どうしてもネガティブなイメージが先行しがちなのですが、良き「カルマ」ってのも当然あります。(良いカルマの場合は「徳」って表現される場合が多いのかな)実際は「カルマ」は「カルマ」であって、いいも悪いもないんですけどね。

e0139012_17511471.jpg

1.虹がまぶしい「ベルベット・オブシディアン」T360 H2.4×W2.8×D1.8 1,500円

「ベルベット・オブシディアン」は、ほぼレインボー・オブシディアンと同じ。感情体験に伴い生じる更なるカルマ、終わりのないカルマを受け入れることを教えてくれる。

e0139012_17514265.jpg

4.クモの巣模様の「スパイダーウェブオブシディアン」T142 H2.9×W3.2×D2.1 1,950円

「スパイダー・ウェブ・オブシディアン」をはじめてみた時、これは「人間関係」に関わる石だと直感しました。「ご縁」に伴うカルマの解消がテーマではないかと。

e0139012_1752358.jpg

3.ゴールドの輝き、「ゴールドシーン・オブシディアン」
(シルバーシーンは残念ながら、在庫切れ)
TT97 H2.4×W3.2×D2.2 1,600円

「ゴールドシーン・オブシディアン」と、「シルバーシーン・オブシディアン」は、「アカシックレコード」へのアクセスに関連しそう。特に個人情報的な部分、つまり過去世に関わる意識の世界の旅のお供にいかが(笑)?

e0139012_1754034.jpg

5.去年出てきたばかり、まだまだ謎多き「サーペント・アイ・オブシディアン」T359 H3.0×W2.2×D2.0 1,300円

「爬虫類の脳」って言葉が、急に浮かびましたぞ!
なんのことやらわかりませんが…ちょっと調べてみる価値はあるかも(笑)

e0139012_180496.jpg

2.普通(?)のオブシディアン。卵型。
AG021 H2.5 φ2.0 1,300円

全てを写し出す黒。全てを含む黒。これまでの自分を見つめなおし、今後に生かすための心の鏡。それがオブシディアンの黒。

そう…

カルマって決して過去だけのものじゃない、過去-現在-未来ってつながっていく。つなげていく。それが生きるってこと。過去世でのやり残しのカルマがあるからこそ、現世があるわけで。カルマ無くなったら「ご苦労さん!」って話で、あちらの世界からお呼びがかかってしまう…ともいえます(笑)。

人は、何か行動するたびにカルマが発生し、そのカルマを解消するために、また行動する。その繰り返し。キリがないのです。そして「良い」カルマとするも、「悪い」カルマとするも、私たちの意識次第なのですよね。

「良い」か「悪い」か、その判断は神様?宇宙?にゆだねるとして…

ど~せ、どのみちカルマが発生するのなら、せめて私の「思い」や「行動」が、私の大切な人達にとって、私にとって、人々にとって、地球にとって、宇宙にとって、「良き」カルマとなりますように、ただただ切に願わずにはいられない。

e0139012_17554125.jpg


By Kuniko
[PR]
by bon--voyage | 2009-08-22 18:08 |