Crystal Tellerとは、石のストーリーテラー(物語を語る人)」のこと.Tianスタッフが石を語る!新着の石、注目の石、その他石にまつわる様々なストーリーをお届けします♪


by bon--voyage
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

伝説の騎士★ハーキマーダイヤモンド

・・・・気がついたら、火曜日の夕方だった。
というくらい、1日があっという間に過ぎていっているような気がしている昨今です。

どれくらい、時間が経つのを早く感じているかというと・・・
今日の話は、土曜日の正午、出勤直後に感じたことだったりするくらい。

出勤して、掃除して、ふと石に目がとまって、
「おお、これは!」と感じて、ブログに書こうと思って、写真を撮ったら
・・・・火曜日の夕方になってしまった。
というわけ。(何日経っていると思っているんだ?)


それが何の石かというと・・・

e0139012_15582233.jpg


ハーキマーダイヤモンドだったりする。

「え?これはダイヤモンドなんですか?」と店頭で質問を受けるのですが(けっこう多い)、
違います。
アメリカ、N.Y.州 ハーキマーで採れる水晶です。
「水晶(クォーツ)なんだけれど、ダイヤモンドのように美しい」ということで、その名前が付いています。

このハーキマーダイヤモンドを見ていて。

「そういえば、最近、ハーキマーダイヤモンドを求める方って少なくなったかな?」
とふと思ったりしたのが、きっかけ。

数年前までは、いわゆるパワーストーン好きの方から、
「ハーキマーダイヤモンドって、クォーツの中でも、エネルギーが強いんですよね!」とか、
「すごいんですよね!!」(どうすごいかは、私には不明)とか、いわれていたけれど。

はて?最近、とんとそんな話は聞かないぞ。

もちろん、私自身が「別にハーキマーダイヤモンドだろうと、ヒマラヤ・クォーツだろうと、川辺に落ちている石だろうと、なんだろうと、『パワー&エネルギー』というものは、この世の全てにあるのだから、あなた自身が何に対してフォーカスしやすいか?という問題なのでは?」
と、言ってしまうのもあるからなのですけれど・・・

まあ、ようは、石のエネルギー云々って、ラジオの周波数とかと一緒で、例えば私okuが、「この石のエネルギーってすごい!」と言ったとするならば、その石と私の周波数が合っているだけという話で、ひょっとしたらオーナーの周波数とはあわないかもしれない。

川辺に落ちている石とか、今まで見たことも聞いたこともない石のエネルギーとかパワーを感じにくいというのは、私たちが必死でラジオの周波数を合わせようと、チューニングしているのだけれど、どこにその電波が流れているのかわからないだけなんだと思っている。

そう考えると、私たちがよく知っているクォーツ・グループの石たちは、比較的、どこに電波が流れているのか、すでにわかっている、あるいはわかりやすい・・・だから、よく「このヒマラヤ水晶の石のエネルギーはすごい!」とかいいやすいのだろうなぁ・・・とも。(別にそれが良いとか悪いとかという問題ではなくてですよ)


ちょっと話が脱線。

まあ、ということで、何でもかんでも、石の「パワー」とか「エネルギー」というのに結び付けて、「すごい」とか「すごくない」とか論じるのは、私自身があんまり好きではないので(もっと石の美しさとかクォリティとか見ようよ、って思ってしまうほうなので)、「パワー&エネルギーonly信仰」の方たちからすると、私は面白くない奴になってしまうので(苦笑)、実際、私が店番のときはあまりそういう方たちはいらっしゃらない・・・のですが。

でも、他の石のエネルギーとかパワーが云々・・・と言っている方はいらっしゃるのよねぇ?

不思議~?

なんて最初は思っていたけれど、よく考えたら、いまの世の中、いろーーんなスピリチュアル系の石が溢れているわけで。

もうホント、私なぞからすると、「また、そんな摩訶不思議なスピ系石が話題に!?」って思いますもの。(これも別に良いとか悪いとかではなく。これに関しては、けっこう純粋に面白いと思っていますが)

そうすると~、ハーキマーダイヤモンドのパワーとかエネルギー云々って、ちょっと時代遅れ!?(苦笑)


・・・・・と思ったとき、ふと思ったことが、
ハーキマーダイヤモンドって、伝説の騎士みたいだよねぇ・・・・
だったりする。

先日もブログにちょっと書いたけれど(1月30日のブログ)、様々な「石」をファンタジーの世界に登場する人物になぞらえたら・・・
と、たまに考えてみることがある。

もちろん、主人公は「私」で、「私」は、そのファンタジーの世界を旅して、様々な仲間達(石)と出会い、成長していく・・・としたときに、ハーキマーダイヤモンドがファンタジー世界の住人だったら「伝説の騎士」みたいだなって思ったのだ。


つまり、かつては、そのファンタジー世界に名をとどろかせた人物(石)なんだけれど、時は流れ移り変わり・・・・若者達はその名を知らず、老人達のみが過去の栄光とともに時折語り継がれている存在。

でも。

その伝説の騎士に直接出会ったとき、その存在が持つ圧倒的な存在感、内側から放つ輝きは・・・過去に騒がれていたときよりも、深く強く美しい。

でなきゃ、クォーツを『ダイヤモンド』と称えなんてしないでしょ。

e0139012_16353479.jpg


キラリ~ン♪と輝く、ハーキマーダイヤモンドたち。
まるで、「まだまだ、最近出てきたばっかりの、スピリチュアル~♪な石なんぞに負けないわい!」と言っているかのようだな~って思ったのでした。

やっぱり綺麗なんですよねぇ・・・(ため息)

ちなみに、原石は10,500円、18,900円、24,000円です。

ルースは、23,000円。2.2×1.8×1.0cmです。

ルース、けっこう大きくて綺麗なんでよね。
私の指輪のペリドットを同じくらい。ジュエリー加工したら、きっと素敵ですよw

e0139012_16465779.jpg

[PR]
by bon--voyage | 2009-02-10 16:47 |