Crystal Tellerとは、石のストーリーテラー(物語を語る人)」のこと.Tianスタッフが石を語る!新着の石、注目の石、その他石にまつわる様々なストーリーをお届けします♪


by bon--voyage
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

大寒の日に★ヘミモルファイト

e0139012_1556137.jpg


今日は大寒ですね。
横浜は大寒にふさわしい寒々とした曇り空です。

でも私は、個人的に大寒ってけっこう好きかも。
もうすぐ立春~!春が間近~!!って思えるのです。
だから・・・という言い方があっているかどうかは不明ですが、
20代で化粧をするようになってから、大寒~立春の間に春の新色の口紅を買うのが、私のジンクスになっています。
なにがどうあるっていうわけじゃないのだけれど、なんとなく春にトキメキを感じるのです・・・ちょっと少女趣味かな。(笑)

あ、でも、「大寒に口紅」ってまったく意味無いことじゃないんですよ!
本当は「小寒」~「大寒」の間なのですが、この期間の「丑の日」に口紅を買うのを、「寒の丑紅」といって女性が美しくなれる、ということで、江戸の女性は、紅を買うのでにぎわった・・・というのがあるのです。

そして、今日は丑の日!!
Tianが終わったら、口紅買いに行こ~w

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

・・・と、まあ、ぜーんぜん石と関係のない話でしたが、今日はなんとなく石はヘミモルファイトの気分。

e0139012_1616516.jpg


ヘミモルファイトって・・・どんな石?って良く訊かれます。(パワーストーン的な意味合いでね)

実は、私もついこの間まで「うーん???」でした。

綺麗な石だとは思うのですが・・・多くのお客様がお持ちの「クリスタル・バイブル」という本には、このヘミモルファイトは載っていないし、「パワーストーン百科全書」(中央アート出版 八川シズエ著)を読むと・・・

  古くは「悪霊を祓う石」として崇められていた石
  向上心と勤勉さをもって行動することができるようになり、
  温情と優しさで満たされた人生が送れるよう導く力があるとされています・・・


・・・・ふーん?
なんかピンと来ない。ようは魔よけの石で幸せになれます、ということなんだろうけれど、でも、べつにそんな石、他にもあるし、たぶん単に「魔よけの石」だったら、私も皆さんも、きっと「スモーキークォーツ」とか「ヘマタイト」とか「オブシディアン」とか・・・そーゆー石の方を選ぶのではないでしょうか?

わざわざ、魔よけにヘミモルファイトはセレクトしないわよねぇ・・・

そうそう、ヘミモルファイトって、水色ぽいイメージがありますが(写真のもそうだけれど)、他にもクリアーとかあります。(売り切れてしまったけれど、Tianのメキシコ産のヘミモルファイトはクリアーでした)。

でも、やっぱり私の中ではヘミモルファイトって、こんなブルーかな~?

e0139012_16264586.jpg


で、一方で、「水色の石」っていうと、よく「喉のチャクラ」ともいうけれど、どうでしょ?喉のチャクラっぽいかなぁ?どうなんだろう?わからないなぁ???

あと、水色の石というと・・・例えば、「アクアマリン」「ラリマー」ってありますよね。
あの石って、すごく「水」「洗い流す・流れる」という感じがしませんか?
でも、ヘミモルファイトって・・・どうでしょう?
洗い流すかしら~?わからないなぁ???

逆に、「エンジェライト」「セレスタイト」「ターコイズ」のような「天」「空」という感じも・・・良くわからないし・・・???

なんか、別に魔よけでも、喉のチャクラでも、水でも天でも悪くはないとは思うのだけれど、なんか・・・・・別に、あえてヘミモルファイト使わなくたって・・・っと思う石なのよね、って思った。

だけれど、なんとなく最近、日々の、季節の移り変わりをしみじみ感じるようになって(ババくさい?)・・・ひょっとして、ヘミモルファイトって、こんな風に「移り変わる」ということにフォーカスを当てる石なのかも?ってなんとなく・・・思った。

自分自身は移り変わらなくとも、時間は移り変わるし、周囲も大なり小なり移り変わる。

そこに人は、喜びだったり、悲しみだったり、あせりだったり・・・いろいろ感じるだろうけれど、「自分」という中に閉じこもっているだけではなくて、「自分」VS「時間」、「自分」VS「周囲」ということに気が付いた時、そこになにか、ある種の「交換」というのは必ず起こると思う。

そうしたとき、なにかが「流れる」し、「天からメッセージを得るようなインスピレーション」があると思うし、肉体とハートが繋がる「喉のチャクラ」の石っぽい感じにもなるし・・・それがヘミモルファイトなのかもって、なんとなくなんだけれど、ふと。

自分自身onlyだったら、他の石でもいいけれど、自分自身の内側だけじゃなかったらヘミモルファイトなのかも?なんて。

ちょっとまとまりのない文章だけれど、なんとなく大寒、という節目の一日に、そんなことを思ったのでした・・・1個、買って帰ろうかな?(笑)

あ、ちなみに、ハートは2600円~5950円、原石は4450円で、Tianの店頭で販売していま~す♪

e0139012_16471850.jpg

[PR]
by bon--voyage | 2009-01-20 16:46 |