Crystal Tellerとは、石のストーリーテラー(物語を語る人)」のこと.Tianスタッフが石を語る!新着の石、注目の石、その他石にまつわる様々なストーリーをお届けします♪


by bon--voyage
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

冬の1日★12月31日★

おはようございます。2008年もいよいよ今日1日限りですね。
今日は、1日家に閉じこもって御節料理作りとか・・・いろいろする予定です。

でも、そんな家のことをする前に、ブログ書いている私って・・・(笑)

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

さて、「冬の1日」シリーズということで、
今日も新春UP予定のメキシコ・オパールの話から。
(わからない方は、12月28日のブログから読んでくださいね)
そして、今日は、UP石からご紹介です。

e0139012_8534884.jpg

e0139012_8542967.jpg

e0139012_855059.jpg

商品番号:opal-004
サイズ:1.9×1.5×0.9cm  13.8ct
値段:17,900円

淡いオレンジ色。日光にあてると、わずかに遊色(プレイ・オブ・カラー)の煌きがあります。



e0139012_8581035.jpg

e0139012_8583079.jpg

e0139012_8584160.jpg

商品番号:opal-006
サイズ:1.7×1.4×0.9cm
約11.0ct (このopal-006のロットは3個あって、平均の石の重さが11.0ctです)
値段:14,000円

ほんのりオレンジ色。遊色らしい遊色こそは出ませんが、日光に当てると、グリーン系のオーロラのような輝き(遊色)の筋が入ります。


e0139012_923950.jpg

e0139012_925978.jpg

e0139012_934172.jpg

商品番号:opal-006
サイズ:1.7×1.6×0.6cm
約11.0ct (このopal-006のロットは3個あって、平均の石の重さが11.0ctです)
値段:14,000円

まるで清水のようなクリアーオパール。
日光の加減で、やはりオーロラのようなブルー系がはいいます。
不定形で、花のような形。
私が勝手に「この形もいいなぁ・・・ペンダントにしたらきっとかわいいかも」と思っていたコです。


e0139012_97196.jpg

e0139012_962812.jpg

e0139012_971213.jpg

商品番号:opal-006
サイズ:1.7×1.4×0.8cm
約11.0ct (このopal-006のロットは3個あって、平均の石の重さが11.0ctです)
値段:14,000円

ほんのりオレンジ色。日光に当てると、遊色が七色に入ります!



12月25日のホンジュラス・オパールの時にも書いたけれど、
オパールには「自分の運命の星」が眠っているのだといつも思っています。

特に遊色のあるオパールは、そう思う。

オパールを手にしたとき、私たちは、「自分の星」をもつかむ。
でも、その眠っている「自分の星」を目覚めさせるか、
眠らせておくかは・・・もちろん自分次第。

そんな風に思っています。

一方で、今回のメキシコオパールのような
透明度の高いプルルンとしたゼリーのような
みずみずしさを感じさせるオパールを見ているときは・・・
私が、学生時代に読んだ漫画
『辺境警備』(紫堂恭子作)のワンシーンを思い出します。

その漫画のシーンを全部書こうとすると長ったらしくなるので、
省略しますがそのオパールのペンダントを手にした少女に、
「想いはすべて叶えられるだろう。このオパールはその証だ」みたいなことを
(今はもう、手元にないので、一語一句あってはいないと思います)いって
登場人物の男性が励ますシーンがあります。

少女の「想い」って本当にささやかな地味なことなんだけれど、
でも本人にとっては一生懸命で、大切で、
その一歩を踏み出すのがすごく大変なことでもあったり。

そのシーンを読んでいた私は、
まさにこの光と水を閉じ込めたかのようなオパールを見たときに
遊色の有無は関係無しに、私たちの汗や涙、
そしてスピリチュアル・魂・感情・ハートに象徴される「水」が
光へと昇華していくんだなぁ、なんて思ったのでした。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

★Today's Stone

2008年を締めくくる今日、
あなたはどんな石を「今日の石」として思い描くでしょうか?
水星と木星が山羊座で0度の角度で重なり合うこの日、
私たちが「今日の石」として発信したものが、
この「山羊座の冥王星の時代」のい中で、ひとつの布石になるような気がします。

私の「今日の石」はダイヤモンド。

e0139012_995061.jpg


この地球上でもっとも硬い、宝石の中でも「King」の風格をもつ石。
そして「風」(情報)を象徴する八面体に結晶する石。

まさに、コミュニケーション・情報の「水星」と、
「ジュピター」の名を持つ幸運の木星に相応し石だと思いませんか?

いままで培ってきたことが破壊され、
新しく構築されていくと言われている「山羊座の冥王星の時代」。

ダイヤモンドの強さと輝きは、
「どんなときでも絶対に失わない自分自身の核」となる
光の船(スターシップ)となって、
荒波と混乱の時代という大海原を乗り越えていってくれると思っています。

e0139012_910819.jpg

↑このラウンドカットのはダイヤじゃなくて、キュービックです。
ちょうど写真によいダイヤのルースがなかったので・・・ごめんなさい。
マーキースカットのはダイヤモンドですw

[PR]
by bon--voyage | 2008-12-31 09:10 |