Crystal Tellerとは、石のストーリーテラー(物語を語る人)」のこと.Tianスタッフが石を語る!新着の石、注目の石、その他石にまつわる様々なストーリーをお届けします♪


by bon--voyage
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

春のメンテナンス

昨日は、リーラさんの鍼灸を受けに行ってきました。
http://www.tian-yokohama.com/lila.htm


もともと花粉症なのだけれど、数日前から黄砂が飛び始め・・・
おかげで、喉と鼻の調子が急降下↓↓↓。

さらに、運動不足とか(太った)、パソコンに向かいすぎとか・・・
いろいろあって、身体もガチガチに固まっていて、
腰(正確にいうと腰よりちょっと上)が痛くて・・・・
と思っていたときに、リーラさんから、
「三月の予定で~す」というお知らせをいただいたので、さっそく・・・というわけ。(笑)

リーラさんは、本業が薬剤師さんだけあって、
毎回毎回いろいろなアドバイスをいただけます。
病気になる前の段階、「未病」の時点でいかにケアするか~とか、
今の季節は~などなど。

今回、私はほとんど鍼ばかりで、
あちこちプスプスと打っていただきました。(笑)

痛くないの?とよく聞かれますが、
「痛い」という表現は、あんまり適さないかも。

鍼を打っている、という感覚はあります。
特に最初はドキドキしているから(小心者・・・)、
一生懸命深呼吸したりしているし(おいおい)。
だからそーゆーときは、「鍼を打たれている」という感覚は感じます。
でも「鍼を打つ」感覚は痛くはないですけれどね。

「お!」という感覚があるときは、筋肉の緊張をほぐすときとか・・なのかな?
例えば、これから発表会みたいなのがあって、
舞台袖でドキドキしている人に、あえて「わ!」と後ろから驚かせて、
緊張をほぐそうというのがあるでしょう?あんな感じです。

ずぅぅぅぅんという感覚があるときは、
鍼を打たれてしばらくのとき、「ううう、効いてる~~」という感じですね。

いずれにしても、そーゆー感覚があったときは、すぐに鍼を抜いてくれますし。
あとは、打つ場所によっても、感覚は違いますね。
手はやっぱり感覚が鋭いし、腰~背中~肩はブスブス打たれても全然平気。

まあ、いずれにしても、
初めての方には、そんなに深く鍼を打たないので
そこは大丈夫です。
私も最初のときは、鍼ちょっとと、お灸ちょっとと、マッサージがメイン・・・でしたし。

すごく体が凝っていてタイヘンなんだけれど、
マッサージを下手にすると揉み返しがきて
よけいに辛い・・・という方には、鍼灸が一番
ですね。

でも、鍼灸が怖いという方は、マッサージonlyというのもありますので、
ぜひそちらをお試しくださいね。

春は季節の変わり目、新陳代謝も上がってくるし、
いろいろ身体の不調を感じやすい時期です。
ぜひ、春のボディ・メンテナンスにきてみてくださいね。


さ、私も、今日は、身体もすっきりしたから、
ツーソン第二段のHP作成頑張らなきゃ~~!
(これから出勤ですw)
[PR]
by bon--voyage | 2008-03-06 09:53 | セッション・イベント