Crystal Tellerとは、石のストーリーテラー(物語を語る人)」のこと.Tianスタッフが石を語る!新着の石、注目の石、その他石にまつわる様々なストーリーをお届けします♪


by bon--voyage
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Hill of the God?

岐阜県は、私の好きなタイプの国産鉱物がでる場所。

その中でも、神岡鉱山から産出された水晶にアポフィライトが付いた

タイプがお気に入りです。
e0139012_18455279.jpg




神岡鉱山は、岐阜県飛騨市にあった今は閉山された亜鉛・鉛・銀の鉱山。

最初に採掘が始まったのは古く、奈良時代の養老年(720年ごろ)に遡る

という。

2001年6月に採掘が中止されたのだけど、稼働中でも工夫の人たちのみ

しか中に入れず、ここから二次産出される水晶なども、その頃も今も当時の

工夫さんからしか譲ってもらえないという貴重なものです。




岐阜に住む『神岡の石だったら任しておいて!』という、工夫さんと親しい方

から今回も少し素敵なアポフィライト付きの水晶を分けていただきました。
e0139012_18474589.jpg

細かいけれど、一つ一つの結晶の形もきれいで透明感が高いアポフィライト↑
e0139012_18484385.jpg

水晶の単結晶のトップに重なるように付いている↑



国産の鉱物は、日本人本来の持っている優しさ、純粋さ、感性で受け取る

という性格をそのまま体現してくれているよう。決して派手で主張するタイプ

ではない。

その石も波動が優しくて、肉体にも心にも自然に馴染んできて、持っている

だけでヒーリングになりそう。




神岡といえば、東京大学宇宙線研究所のニュートリノ観測装置「スーパーカ

ミオカンデ」があるところ。設置された神岡鉱山坑はえっらい僻地だけど、

観測装置に必要な巨大な地下空間を作るのに頑強な地質が適していた

ため、 また観測に純水を調達するのに坑内湧水が利用できたことなどが

理由だそう。




でも、神の岡で素粒子の一つのニュートリノの研究が鉱山跡地で行われて

いるのは、偶然にしても私にはかなりワクワクもの。

ニュートリノはこうしてブログを書いている間にも、ものすごい速さで地球

自体をも通過していっているんですよ~。まだ実態が解明できていない

素粒子なんです。



この神の岡からやってきた貴重な石たちは、Tianの店頭で発売中です。

ご来店できない方は、メールにてお問合せください。HP製作はもう少し

時間がかかる予定です。
e0139012_1911355.jpg

[PR]
by bon--voyage | 2011-01-07 19:06