Crystal Tellerとは、石のストーリーテラー(物語を語る人)」のこと.Tianスタッフが石を語る!新着の石、注目の石、その他石にまつわる様々なストーリーをお届けします♪


by bon--voyage
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ナゾの神秘な石

もう何年も前から人気のでているアンデシン。

かつて、コンゴ産のオレンジ・レッドのカット石が、ジュエリー業界で

話題になっていましたね。
d0187087_2152193.jpg

今回うちの仕入れたものは、チベット産です↑





いろいろな解釈がされている石だけど、実際リーディングするのに

言葉では表しにくい波長の石。

分りにくいところは、シュンガイト並です(笑)




共に次元の高い、まだまだ情報を完全に開示しようとしていない石。

でも、シュンガイトが私たちに示してきている意味と、アンデシンの

存在する意味は「指し示す方向が違う」
d0187087_21525981.jpg

アンデシンのカットビーズはあまり見かけません。肌に乗せるととても↑
色がきれいに映えます




どちらも、例えば「この石の意味ってなんですか?」と聞かれた時に

その人の無意識がどの次元にアクセスしようとしているかで、答えの

質や内容が変わってしまうところあり。



「む、む、む」


の石なのです(笑)




そんなアンデシンですが、この石は惑星でいうと冥王星の意味が強い。

占星術だと冥王星って今の「さそり座」の支配星。

さそり座のエネルギーは衝動性が高くて、今回も太陽がさそり座に入った

途端に私もさそり座モードが入り込み、なんだかすごい勢いでさそり座の

新月アクセサリーを作り上げてしまった(爆)
d0187087_2234483.jpg




占星術でも冥王星って、その意味が分りにくい、捉えにくい惑星。

さそり座の惑星として意味を捉えるなら、自らの内面の限度を超えて、

深く深く突き進むに。




そんな冥王星の性質の強いアンデシンは、分りやすく言えば

「3次元にいない石」

物質としては3次元にいるけれど、その発露の元がえらく異なるところ

にある・・・・・。
d0187087_224499.jpg




自分という存在も3次元に存在しているけど、「あなたの大元、あなたの

肉体がいるところでない、”あなた自身”のいるところはどこ?」

という哲学的な疑問を投げかけてくる石。




やはり、そろそろ『宇宙的わたしの本性』がそれぞれの人に、それぞれの

形で開示されていく時期がちかいのだろうか?とアンデシンを見ていると

感じます。



ところで、長らくお休みしていた『きよみんのシークレットBOX』を本日

再開いたしました。このブログとは違う、もっとパーソナルに感じている

ことが主体でアップしていきます。きよみんの方も、よろしくお願いします。

このブログの横にある、おススメのHP&ブログの中に入っていますGO!
[PR]
by bon--voyage | 2010-10-29 21:32