Crystal Tellerとは、石のストーリーテラー(物語を語る人)」のこと.Tianスタッフが石を語る!新着の石、注目の石、その他石にまつわる様々なストーリーをお届けします♪


by bon--voyage
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

月と太陽には背向けない?

昨日のこと。

いつものように店にいたら、水晶画家の明が突然やってきた。

今月末に収める太陽の絵の額装が出来上がったので帰り道

に寄って見せに来た!058.gifというわけ。




その絵がこれです↓
e0139012_18583661.jpg




この絵の赤色は、辰砂、つまり水銀鉱物のシンナバーのこと。

実はこの石は、『賢者の石』とも呼ばれている。




『錬丹術(れんたんじゅつ』は、辰砂などから抽出した硫化水銀(丹)を

原料とする霊薬を作る中国の道士の術の一つ。

服用すると不老不死の仙人になれるとされていた。





通常は有毒であるシンナバー(硫化水銀)、水銀、鉛などの薬物を調合

して火にかけて「金丹」と呼ばれる 金=賢者の石 を精製する。

中国のアルケミーですね。




日本でも『丹』のつく地名は水銀とシンナバーが産出される。

福井県の丹生は、かつて父親に人魚の肉を食べさせられて不老不死と

なった尼の伝説が残っている。ひょっとして、人魚の肉はこの賢者の石?

その丹生の入り口にある鵜の瀬という川は、奈良・東大寺のお水取りの

儀式に使う霊水を流すお水送りの場。





と、なんだかとっても神秘的なバックグラウンドを持つ辰砂で描かれた

明の太陽の絵は、そこにいた私を含めた数人でしばし言葉なく見とれて

いたのでした045.gif




水晶の地に全て石の絵の具を使っていることもあり、この絵はただの

絵画にあらずで、きっとアルケミー(変容)の効果だって大きいはず。

この太陽の絵は来ないけれど、27日の満月ワーク&コンサートには

この絵のパートナーになる満月の絵が来るので、かなりパワフルな

夜になりそうです!
[PR]
by bon--voyage | 2010-05-19 19:21