Crystal Tellerとは、石のストーリーテラー(物語を語る人)」のこと.Tianスタッフが石を語る!新着の石、注目の石、その他石にまつわる様々なストーリーをお届けします♪


by bon--voyage
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

桜咲く春の石たち

e0139012_16314160.jpg

今日は早く出勤して、元町公園から山の手の桜や建物などを撮影

してきました。桜は、満開の木もあればまだ蕾が膨らみ始めた木も

あって、今年はどこもかしこも満開という景色にはならないみたい。
e0139012_16344758.jpg

花びらで散らずに落ちた花たち↑
e0139012_16353925.jpg

山手カソリック教会のマリア像も、桜の花の中で一層美しかった↑
e0139012_16371923.jpg

e0139012_1638135.jpg

ここはヨーロッパ?と思ってしまいそうな素敵なお庭たち↑


実は、TianのHPをリニュアルすることになりました。そのデザインの

イメージを、やはり横浜ならではの風景や雰囲気を盛り込みながら作り

たいと思い、参考のショットを撮ってきたのです。

商品ももっと見やすく、買いやすいシステムに変えていきますので

しばらくお待ち下さい。




さて今日は、桜も咲いて春の季節の到来に合わせ、春らしい石のご紹介

をします。
e0139012_17404453.jpg

スロベニア産のピンクオパールとカザフスタン産のビオランのカップル↑



ビオランは、ブルーのダイオプサイド。2~3000メートルの山脈のほんの

数十メートルの層でしか採れない「天国の青」という意味を持つ石。

ウラル産のものはキメがもっと荒くて、このカザフスタンのものはフレスコ画

の空を切り取ったような色とテクスチュア。




「隣の芝生は青く見えるのは当たり前。でも、あなたは気がついていないだけ、

あなたの足元に青々と育つ芝の芽がたくさんあることを」

ビオランは、他の人のやっていることや達成したことばかりを見て自分と比較

する私たちの耳元でそっとささやいてくれます。




ピンクオパールは、私たちが少女や少年の頃に、他の子供との能力や出来

具合とは関係なく心に描いた夢の世界。大人になった今では、生きていく為の

ワザの方だけを優先して覚えてしまったけど、あの頃の夢はみんな本気だっ

たよね。




夢なんて追っていると、フワフワとした人間みたいに思われがちだけど、一度

あの頃の素直な自分にこっそりと戻ってみる。

そして、社会で生きていくために踏みしめてしまった自分の庭の芝生の芽を

育ててみよう。だって、今さらならプロにならなくても(もちろん、なっても)よい

のだから。




両方とも、ワイヤー巻きをする人の間でも人気の石です。

ビーズを入れながらワイヤー巻きにしたら、とても可愛いと思います。
e0139012_190954.jpg

T10-008,a カザフスタン産ビオラン、3.3x2.7x0.6センチ 5,980円
e0139012_1924649.jpg

T10-009,b カザフスタン産ビオラン、3.2x2.6x0.5センチ 5,400円
e0139012_195727.jpg

T10-008,c カザフスタン産ビオラン、4.6x2.6x0.5センチ 5,980円
e0139012_1981877.jpg

T10-009,d カザフスタン産ビオラン、3.1x1.8x0.6センチ 4,200円
e0139012_1910571.jpg

SM05-058 スロベニア産ピンクオパール、3x2.2x0.6センチ 9,800円




e0139012_17361279.jpg

T10-012 カザフスタン産、ビオラン&ロードクロサイト 3.2X2.5 センチ、
7,600円 同じピンク色でも、こちらはロードクロサイトが入っています



もう一つご紹介するのがカザフスタン産のビオランとロードクロサイト

のエッグです。ロードクロサイトとは思えないようなベビーピンクの色。

今日ご紹介した石たちは、「何かしなければ!」「このままではダメ?」

という、焦っていたり、不安がっている私たちをほんわかと包んでくれる石。



目標をテーマを持ってがんばるのはベースに置いて、せっかく桜咲く春

だから、たまには気を抜いておいしいお茶をゆっくり楽しむように、一息

入れてみましょう。そんな気分にさせてくれるビオランとロードクロサイト

のエッグ。計画は、ゆっくりと温めていきましょう。



春とはいえ、ちょっぴり寒いですが、こんな石たちの春らしい暖かさを

楽しんでみてください。
[PR]
by bon--voyage | 2010-04-01 19:35