Crystal Tellerとは、石のストーリーテラー(物語を語る人)」のこと.Tianスタッフが石を語る!新着の石、注目の石、その他石にまつわる様々なストーリーをお届けします♪


by bon--voyage
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

「サイクルを上手に使う」

私の友人が数秘学・数秘術の個人セッションを受けた時に思ったことがあります。

彼女は今から数年前に新卒で入社した会社を辞めました。

その頃、「この人にとって大きな人生の転換期が来ている」という感じがとてもしたので、独立して自分の創造性を活かした生き方や、それを使う仕事への転換を勧めたのを覚えています。

人生のチェンジは、土の性質の星座に生まれた彼女にとっては大冒険なわけで、それ以来も模索しながらも現在まで安定した仕事と生き方を選んできていました。

もちろん生き方は本人が選ぶことであり、納得しないまま方向を変える必要はないのです。

でも、セッションでわかったのが、『会社を辞めた年から今年までが、数秘サイクルでは"充実"で"願望実現できる発展の時期"に当たっていた』こと。

つまり、新しいビジネス・チャンスもあったし、何か始めても成功する運気にあったわけです。

私のヤマ勘が当たったことが言いたいのでなく(笑)、サイクルって知らないより知っておく方が断然チャンスを掴みやすくなる、ってこと。

占星術で見ると今年の彼女の運勢は"そんなに大きく動かないこと"がラッキーポイントで、数秘の運気とは違う流れ。

もし予め自分の人生サイクルを数秘や占星術で知っていたら、もっと早い時期に、それも例えば数と星の両方の運気が良い時期を選んで行動に移せた可能性もあり、と感じたわけです。

それでも、"充実"の最後の年にセッションを受けて自分のサイクルを知ったことが、やはり運気がよいということ、と数秘の野口先生にも言われたそう。

人生のサイクルは、数や星の廻りで見ることができます。

両方とも、個人的な流れも人類全体の流れも読んでいけます。

そんな誰にも訪れるサイクルの中でも特に注目の時期が『春分の日』。

来月の21日に太陽は牡羊座に移動し、その日が春分の日になります。

牡羊座生まれの人、という意味ではなく、万人に訪れる牡羊座という時期の意味はなんでしょう?

それは、『人生に自らポジティブな負荷をかける』こと。

気に掛けなければ、「もう1年経っちゃった」と時の過ぎる早さにある時ふと気が付きいてちょっと焦ったりするように、人生はドンドンと流れていってしまいますよね。

お正月には「これから1年あるぞー、何か今年は達成させよー!」と決めていても、日々の流れの力の方が勝ってしまうもの。

牡羊座の『魂がこの世に生まれた時の喜びと衝動力』、『魂が肉体を持って自己実現していく原動力』というポジティブなエネルギーを活用して、マンネリになり勝ちな人生の流れにブレークスルーを与えるために春分の日をスタート地点にすることをお勧めします。

Tianでは2010年の春分に向けて、"春分の日のブレスレット"のオーダーと、"春分の日の石のワーク"を提案しています。

e0139012_15423632.jpg


ブレスレットは、牡羊座のエネルギーをより有効に使えるように、前々回のブログで紹介したリビアンガラス、そして隕石、シュンガイトのビーズを使って作るオーダーブレスレットです。

ちなみに、春分の日の石のワークの日程が春分の日当日でないのは、数秘サイクルで流れに乗りやすい日を選んで設定しているから。
連休で予定も入りやすいとは思いますが、運気に乗っての1年の充実と成果のスタートのために、ぜひご参加ください。

ちなみに、20日は"充実"、22日は"発展"の日です。春分の日当日より、物事を動かすのに向いています!
[PR]
by bon--voyage | 2010-03-02 15:42 | いろいろ