Crystal Tellerとは、石のストーリーテラー(物語を語る人)」のこと.Tianスタッフが石を語る!新着の石、注目の石、その他石にまつわる様々なストーリーをお届けします♪


by bon--voyage
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ダトーライト

昨日のブログで、「ブログはもうちょっと続けます」と書いたけれど、その後、オーナーと「じゃあ、どうする?」という話をしたら、「うーん、体調がよくわからないから、4月いっぱいでw」ということになりました。
ごめんなさい。

実際、明け方、すっごい腹痛で目を覚まし・・・ああ、これが前駆陣痛?っていうやつ??とは思ったのですが、いーたーかーったぞーーーー!!
あ、いまは痛くないです。^^;
でも、そんな状態で、「いつどうなるか?」がわからないので、じゃあ、やっぱり今月いっぱいにしようか?ということになりました。

今後のこのブログは、kuniちゃんと、ノンちゃんが書いてくれると思います。

やっぱり店頭でお仕事している2人の方が、「活きた石の情報やお話」というのがお届けできると思いますし、本当に素敵な2人なので、今後ともどうぞ、オーナーも、2人のスタッフも、Tianも、ブログもご贔屓にしてくだされば幸いです。

私個人の方は、とりあえずyahooの方のブログにふつーの妊娠・出産・育児のブログを書いているので(出産&育児はまだだけれど)、それをポツリポツリ続けて。
石に関しては、とりあえずは出産後、落ち着いたら・・・と思っています。もうすでに構想とかはあるのですが、今は「産まないと始まらない」状態なので・・・そんな感じかな?(笑)

とりあえずは、今日、明日は書かさせていただきますので、よろしくお願いします。

e0139012_11182084.jpg



そして、今日のタイトルは「ダトーライト」。

いま、Tianにはダトーライトのカボションが2点UPされていますよね。
http://www.tian-yokohama.com/090422.htm
Grass Greenがとっても生き生きとした雰囲気。
今の季節にピッタリですし、さすがノンちゃん、写真上手です。(私が下手すぎともいう・・・)

ということで、今日のダトーライトはTianのHPから拝借したものです。
ご了承下さい。

e0139012_11255767.jpg

ダトーライト・1
3.9×2.6×1.9cm 9,800円


私は、昨年の夏に原石ですが、ダトーライトを購入しました。
別に「これ」といった「なにか」を感じたとかそんなわけではなく。

ダトーライトって、そのときちょっとブログにも書いたのは・・・

私が、「この石はね・・・」なんて簡単に感じたり、思ったり、ひらめいたりする石ではないし、こちらが、「この石はどんな意味~?」「こーゆー石のエネルギーが欲しいの~」「こんな風に私が変わりたいから、私はこの石を持ちたいの~」というのでは、たぶんダトーライトはなんの返事もしてこないだろうと思う。
ダトーライトは常に沈黙し、見守り、霧の向こうで待っている。
持つ人がいつかダトーライトの存在の意味に気がつくことを、ただひたすらずっと。
  http://okustone.exblog.jp/8227977/より

そして本当に、ダトーライトはただ静かにたたずんでいた・・・という感じでした。

でも、今回、TianのHPに草色の綺麗なダトーライトがUPされ。
そして私もダトーライトをしみじみと眺め。

「・・・・状況がすっごく変わったよなぁ・・・」
って思う。

ひとつのアクションに対して、こっちの関知していないアクションが起こって、後になって「こう来たか~!」という状況が続いてきた、という感じです。
いったいどんな伏線はってるのさ?という気分。

だからHPにあるように、「自分の心のキャパ」がないと、「おいおいおいおいおーーい!」という状態で付いていけなくなってしまいそう・・・。

そうねぇ・・・例えて言うならば、「小人の靴屋」のような感じで、頼んでもないのに、あるとき突然小人が靴を作ってくれる。でも、小人に靴を作ってもらっていることに気がついて、それに対してアクションを起すと、アクションがストップしてしまう・・・そんな感じなのかな?

・・・と、ふと、小人から連想して「妖精(Fairy)」の語源を調べたら、Fairyは古代ギリシアの運命の3女神「Fates」からきていて、それが古代ローマ時代にケルト(ガリア)に浸透していって、その間に女神は小人化していった・・・とのことだった。

カラカラと音を立てて回る運命の輪。

ダトーライトの小人は、その輪をこっそりと加速させているのかも。
ダトーライトは、相手を見て「このくらいの速さで輪を回しても大丈夫だよねーw」とでもいうように、カラカラと回し、それに対して私は回る輪の存在に気がつきながらも輪の動きを止めたり、輪から降りることはできない。

だって、輪が回っていると、どんどん次から次へと様々な風景が見られるんだもの。
せっかくなのだから、それを楽しまないと~!・・・ね。
楽しんでいる場合か!?というのも実はけっこうあるのだけれど。
まあ、ここまできたら楽しむしかないかな、と。

ぜひ、ダトーライトの回す運命の輪に、皆さんも一緒に乗ってみませんか?(笑)

e0139012_13223436.jpg

↑ダトーライト・2
4.1×2.1×1.7cm  4,950円


☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆

最後に、5月1日(金)は、お恭さんの鑑定です。
ご予約優先ですが、飛び込みもOKですので、ぜひ、皆さま、Tianへいらっしゃってくださいね~!

[PR]
by bon--voyage | 2009-04-29 13:27 |