Crystal Tellerとは、石のストーリーテラー(物語を語る人)」のこと.Tianスタッフが石を語る!新着の石、注目の石、その他石にまつわる様々なストーリーをお届けします♪


by bon--voyage
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

下弦の月★ザンビア産シトリン・1

今日(17日22:36p.m.)は、下弦の月。
今日からなるべく早い時間に、25日の牡牛座の新月にかけて、ザンビア産シトリン6本をご紹介していきたいと思います。
あとは、星とかちょっと視て、「今日の石」みたいなものもかな?(笑)

なぜ下弦の月から?というと、なんとなく、偶然・・・といえば、それまでだけれど、ちょっと今回のザンビア産シトリンはいままでのザンビア産のとは違う感じがするというのと、それが牡牛座の新月や、1年で最もパワーのあるというウエサクの満月(5月9日)を中心とした今に「似合いそうな石のひとつ」な感じがするから・・・です。

まあ、そのことについて書きつつ、プラスアルファも書きつつ・・・という感じで。

☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆

そもそも、「下弦の月」とは?

形については、そもそも述べる必要はないですよね?
わからない方は外見てください。(笑)
あ、でも「月待(つきまち)」という言葉もあるとおり、比較的遅い時間に昇ってきます。

新月にかけて、月はどんどん細くなり、欠けていきます。
新月は、新しいサイクルのスタートですから、この下弦の月は、新しいサイクルに向けて「内省」と「解毒」「排出」の時期といわれ、ダイエットにも良い時期ともされています。


☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆

今回のザンビア産シトリンですが、その前に。

ザンビア産シトリンというと、いままではこんな感じでした。↓↓↓
e0139012_1285895.jpg

↑このコは過去のブログから引っ張ってきた写真で、現在はTianにありません。
太陽と月、昼と夜、光と闇が一緒に住んでいるかのような、スモーキーシトリン。
私は、このタイプを以前「黄昏城」と書いたことがあります。

でも今回のは・・・

e0139012_12134847.jpg


「黄昏城」とはいえないような雰囲気。
私が見た瞬間思ったのは、「太陽と月の剣」という言葉。

新月の頃(正確に言うと、新月の2日前、23日)に、
火星が約2年ぶりに自分のホームである「牡羊座」に戻ってきます。

欲しいものに対して、自らの力で行動しろ!というエネルギーを持つ火星。
ポジティブに目標に突き進み、到達させる力。

一方で、この火星の力が上手く生かされないと、フラストレーションがたまって、
暴力や大きな挫折感に繋がってしまう・・・そんな「諸刃の剣」。

その諸刃の剣の力が最大限に発揮できる時期が、近づいている今現在。


そんなときにこの、光と闇が一緒になったザンビア産シトリンと出会ったのは
なにか意味がありそう・・・って思ったのでした。

そんなザンビア産シトリン・1 ↓↓↓

e0139012_1291521.jpg

サイズ:7.4×2.4×2.1cm
値段:6,900円

e0139012_1293177.jpg

e0139012_1294495.jpg
e0139012_1295994.jpg

e0139012_12101777.jpg


e0139012_12103852.jpg


たぶん、ブラジル産だったら、この色合いって「スモーキー」になるのでしょうが・・・
ザンビア産の場合は「シトリン」と呼んでいます。

なんで~?と言われても知りませんが、でも、私も日本人の割には色が黒いけれど、以前インドの人に、「インドに来たら、色が白いほうだからもてるよ~w」と笑われたことがあるから、まあ、そんなもんじゃないかと。(いいのかそれで!?・笑)

クォーツがここにもくっついていたのかな~?
なんてことを思わせる剥離面は、自分自身の内面を見せているかのよう。
しっかりとした雰囲気が、かっこよくて、自分自身を見つめ、そして時に他にも自分をさらけ出すことで、歩き始める強さ・・・という雰囲気のザンビア産シトリン・1です。


★Today's・・・★

今日は「1つの終わり」の日。
1つの決着をつける日。
「謙遜」は「遠慮」とは違う。
「決着を先伸ばす」ということは「愚鈍」であることに通じるときもある。
今日は、1つの見切りをつけてみましょう。
下弦の月とともに。

e0139012_12212916.jpg


火星をイメージしたカーネリアン。
カーネリアンから、クリアークォーツの雨が降り注ぐ。
ザンビア産シトリンは、「過去の知識・ラピスラズリ」をバックに進むエネルギー。
シュンガイトは、この春分からはじまる、キー・ストーン。
(ちなみに、ザンビア産シトリンは現在Tianにあるので、画像を切り抜いて貼り付けました。ごめんなさい・・・(笑))


☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆

さて、他にもいろいろとお知らせです。

★牡牛座の新月のアクセサリー
http://www.tian-yokohama.com/price-taurus1.htm
e0139012_12244792.jpg

今回、新スタッフで、初めての大掛かりなHPのUPでした~!
ノンちゃん、お疲れ様です~!
「キャー、大変~!!」という悲鳴が聞こえてきそうだったわ・・・(笑)
最近は、オーナーのブログ「きよみんのシークレットBOX」でも、ノンちゃん&kuniちゃんで楽しい文章と綺麗な写真が載っていますので、ぜひそちらも読んでほしいです♪


★★新月のアーバンメデテーションワークショップ★
『『「本当の喜びの質」を再確認することをワークするのに最適な新月』』

4月25日(土)13:00~15:00p.m.  5,000円
http://www.tian-yokohama.com/newmoon.htm
牡羊座で「誕生」した、新しいサイクル。
次の牡牛座の季節で、赤ん坊が、目を動かして両親を認識し、鼻でミルクの臭いをかぎ、手を動かして、口にもっていって・・・と「五感」を感じる、という重要な季節です。
「もう別に五感持っているし」と言う方も多いと思いますが、本当に五感をフルに使って、他を認識していますか?
フルに使ったとき、「他」というものの、本当の美しさ、喜びが再認識ができると思います。
そんな、「自分自身の本質」と向き合うワークショップです。


★2009年 ウエサク祭
Tian ウエサク・コンサート

5月9日(日)11:30~13:30  10,000円
先ほどのザンビア産シトリンでも書きましたが、今回は火星が牡羊座という「ホーム」に戻った上での、新月&満月。
祈り、願い、浄化、再生・・・・様々なエネルギーが進んでいきそうなコンサートです。
ぜひご興味のある方は、お問い合わせくださいね。
[PR]
by bon--voyage | 2009-04-17 12:38 |